ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 周辺機器
  4. プリンタ
  5. ドットインパクトプリンタ
  6. 他社製ホストとの接続
ここから本文です。

他社製ホストとの接続

「端末エミュレータ」を利用することにより、NEC製以外のホストコンピュータ(IBM、富士通、日立)からもマルチインパクトシリーズで印刷が可能*です。

  • **:テスト環境での基本的な印刷出力検証が完了しております。

評価用プリンタをご用意しておりますので、実環境およびご使用のアプリケーションでの検証をお勧めいたします。また、外字・バーコード印刷等個別にカスタマイズが必要になる場合がございますので、メーカーまたはNEC担当営業まで個別にご相談ください。評価用プリンタにつきましては、NEC担当営業へご相談ください。

「端末エミュレータ」とは?

企業にPC(パーソナルコンピュータ)が普及し始めたのは1980年代前半から。それまではホストコンピュータ全盛の時代でした。その後、ビジネス分野でPCの用途が急速に拡大するにつれ「PCを専用端末の代わりに使えないか」という声が次第に大きくなり、「ホスト専用端末」の機能をPCで動作させるソフトウェア「端末エミュレータ」が開発されたのです。

出力に必要な構成および構成例

IBM製、富士通製、日立製の各ホストからマルチインパクトシリーズへ出力する場合の構成例を紹介いたします。
NEC製以外のホストからマルチインパクトシリーズに出力するためには、「端末エミュレータ」が必要となります。また、「端末エミュレータ」がマルチインパクトシリーズに対応している必要があります。

IBMホストからの出力例

TCPLink(キヤノンソフトウェア株式会社製)を使用しての実際の構成例

IBMホストからの出力例

AS400からの出力例

TCPLink(キヤノンソフトウェア株式会社製)を使用しての実際の構成例

AS400からの出力例

富士通製ホストからの出力例

FALCON(インターコム製)を使用しての実際の構成例

富士通製ホストからの出力例

日立製ホストからの出力例

EXTES(ビーコンIT製)を使用しての実際の構成例

日立製ホストからの出力例

対応ソフトウェア

◎:201PLにて出力可能  ○:Windowsプリンタドライバ経由

メーカー /
ソフトウェア名称
対応OS IBM 富士通 日立
3270 5250
(AS400)
6680 560/20
キヤノンソフトウェア株式会社
TCPLinkシリーズ
●クライアント版
  • Windows2000
    Professional
  • WindowsXP
    Professional
  • WindowsVista
  • Windows 7
●サーバ版
  • Windows2000 Server
  • WindowsServer 2003
  • WindowsServer 2008
◎/○ ◎/○ ◎/○ ◎/○
ビーコンIT
EXTESシリーズ
  • WindowsNT4.0
  • Windows2000
  • Windows2003
  • WindowsXP
  • WindowsVista (*)
(*) 32bitOS版にのみ
対応。
JIS X 0213:2004とユニコードには未対応。
◎/○ - ◎/○ ◎/○
インターコム
FALCONシリーズ
●クライアント版
  • Windows 95/98/Me
  • WindowsNT
    Workstation3.51/4.0
  • Windows2000
    Professional
  • WindowsXP
    Professional
●サーバ版
  • WindowsNT
    Server4.0
  • Windows2000 Server
  • WindowsServer 2003
◎/○

ページの先頭へ戻る