ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. 火力発電における運転支援サービス事業の共同実施について
ここから本文です。

火力発電における運転支援サービス事業の共同実施について

2016年6月24日
中部電力株式会社
日本電気株式会社

中部電力株式会社(代表取締役社長:勝野 哲、以下 中部電力)と日本電気株式会社(代表取締役執行役員社長兼CEO:新野 隆、以下 NEC)は、国内外の発電事業者向けに、火力発電の運転を支援するサービス事業を共同で実施することとし、本日、基本合意書を締結いたしましたので、お知らせいたします。

今回、実施するサービスは、火力発電設備から得られる大量の運転データを基に、設備故障の予兆の監視や、発電効率の低下および設備故障の要因分析を、最新技術を用いて行い、火力発電所の運転を高度化させるものです。
このサービスの実施にあたり、中部電力が保有する火力発電に関する高度な運転保守技術とNECが保有するデータ分析技術を組み合わせた、運転支援システムを開発します。このシステムを導入することにより、中部電力の火力発電設備の信頼性向上や設備保安の高度化が実現できます。さらに、中部電力とNECが共同で、国内外の発電事業者へも提供し、その事業者が保有する火力発電設備の運転保守を支援してまいりたいと考えています。
両社は2014年度から火力発電における運転支援サービスの事業化に向けて、碧南火力発電所等で共同研究を実施しており、今回、有効性が確認できたため、本事業を共同で実施することに合意しました。システムは、2017年度の完成を目指し、今年度より開発に着手いたします。

両社は、今後も、それぞれの知見を活かしたサービス展開や、IoTやAI・ビッグデータ技術など最新のIT技術を取り入れた火力発電技術の高度化など社会インフラの安全性向上に貢献することにより企業価値の向上を目指してまいります。

[PDF]別紙 開発するシステムの概要について

以上

Top of this page