ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. 人財哲学を基礎としたリーダー育成塾の設立について
ここから本文です。

人財哲学を基礎としたリーダー育成塾の設立について

~"社会ソリューション事業"に注力する企業としての新たな施策~

2016年4月27日
日本電気株式会社

NECは、ICTの力で人が豊かに生きるための「安全」「安心」「効率」「公平」という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」に注力しています。このような企業として、高い倫理観を持ち、顧客・市場の本質的な課題を深く理解して顧客起点で常に行動し、社会価値を創造し続けることのできる社員の育成と組織風土・文化の醸成を目指し、このたび、NECグループバリュー()に基づく「人財哲学」を制定しました。

人財哲学
NECは、社会ソリューション事業を実現するために、
高い倫理観を持ち、
多様性を尊重する人
高い視座と広い視野で自ら考え、枠を超えて挑戦しやり遂げる人を大切にします。
自由な発想で考え、本音で語り合える組織風土を実現する
経営幹部と管理職を評価します。
この人財哲学の考え方のもと、創立の月である本年7月に、リーダー育成のための新たなプログラム「NEC社会価値創造塾」(塾長:代表取締役会長 遠藤信博)を設立します。本プログラムでは、NECの経営幹部、事業責任者が、様々な社内外の講師・ステークホルダーや自分自身との対話により、当社の目指す社会価値創造のリーダーとして、高い倫理観と視座・自らの使命を再認識し、社会価値を具現化する様々な構想力と実行力を強化することを目的としています。

概要は、以下のとおりです。

  1. NEC社会価値創造塾 概要
    開講  :2016年7月
    塾長  :代表取締役会長 遠藤信博
    対象  :全社から選抜された事業部長・部長クラスの幹部候補。
         1期 事業部長クラス10名、部長クラス25名を予定。
    開講期間:1期で約半年間開講し、1期延べ20日程度を予定
    運営  :NECマネジメントパートナー

  2. プログラムの概要
    グローバルな政治・経済・社会の変化とその中での企業の役割の変化、ガバナンス/コンプライアンスや社会貢献などの社会的責任(CSR)、先端技術やデザイン思考・ビジネスモデルなど各分野の優れた社外講師を招聘し、対話をとおして自身の思考の枠組みを広げるとともに、社会価値創造の観点から様々な学びとリーダーとしての内省、行動を促進するプログラムを予定。
    (1)NEC変革プロジェクト:塾長や社外のメンターを交えたチーム対話により、全社課題・変革テーマに取り組む。
    (2)共創学習:様々な分野の社外講師との対話をとおして自身の思考の枠組みを広げるとともに、地方創生の現場や海外の新興国などの様々な現場に出向き、社会の変化や課題に向き合いながら提供価値を構想する。
    (3)エグゼクティブコーチングの本格導入により、リーダーとしての在り方の再認識と内省、行動を促す。

NECは、「NECグループビジョン2017」に掲げた"人と地球にやさしい情報社会の実現"、"イノベーションによる新たな価値創造"、"グローバルリーディングカンパニー"に向けて、グループ社員の価値観と行動原理としてまとめた「NECグループバリュー」とこれに基づく「人財哲学」により、100年を超える歴史の中で受け継ぎ、将来にわたって社会に役立ち続けるための源泉とする企業文化の継承・進化を図るべく、人財育成に注力していきます。

以上

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
http://jpn.nec.com/profile/solutionsforsociety/index.html
Orchestrating a brighter world 世界の想いを、未来へつなげる。

Top of this page