ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. NEC、SDNを利用した8K高精細映像配信の伝送実験を実施
ここから本文です。

NEC、SDNを利用した8K高精細映像配信の伝送実験を実施

~ さっぽろ雪まつりの映像を大阪に伝送 ~

2016年2月4日
日本電気株式会社

NECは、国立研究開発法人 情報通信研究機構(以下 NICT)と共同で、2016年2月5日から開催される「さっぽろ雪まつり」の8K(注1)の高精細映像のライブ中継をSDN(注2)を利用して伝送する実証実験を実施します。本実験では、世界で初めて(注3)SDNを活用したネットワーク上で24Gbps超の伝送容量を実現し、8K映像をストリーミング配信します。また、データを送信する際には、IPsecによるセキュリティ対策(暗号化)を施し、高い秘匿性を実現します。

本実証実験では、今回構築した試験用ネットワーク(注4)上に、NECのSDN対応製品「UNIVERGE PFシリーズ」のSDN対応コントローラ・スイッチや各種のネットワーク装置を2拠点(札幌、大阪)に設置し、北海道テレビ放送等の実験参加組織と協力して、「さっぽろ雪まつり」の8Kライブ映像データを大阪(グランフロント大阪内のナレッジキャピタル)に設置したパブリックビューイングモニタに配信します。
さらに、統合運用管理ソフトウェア「WebSAM」の自動制御機能と「UNIVERGE PFシリーズ」を連携させ、ワンクリックで映像配信ネットワークの制御を可能にしています。これにより、IT基盤運用管理者だけでなく利用者の要求に従い、セキュリティやネットワークの各種専用機器の組み込みや切り替え、配信元から配信先までの配信経路の切り替え、マルチキャスト/ユニキャストなど配信方式の変更をオンデマンドで短時間に実施でき、さらにネットワーク接続端末の設定変更負荷を軽減できることも検証します。

NECは、社会ソリューション事業に注力しており、その中核領域であるSDN事業の強化を進めています。今後もSDN関連の技術やソリューションを継続強化することで、ビジネスや暮らし、社会に貢献するICTシステムを実現していきます。

SDNを利用した8K高精細映像配信の伝送実験の概要

NECグループは、「2015中期経営計画」のもと、安全・安心・効率・公平という社会価値を提供する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

以上

  • (注1)8K:横7,680×縦4,320ピクセルの高精細映像
  • (注2)Software-Defined Networking:ネットワークをソフトウェアで制御する概念
  • (注3)2016年2月4日現在。NEC調べ。
  • (注4)NICTの研究開発用ネットワーク「JGN-X」と大学共同利用機関法人 情報・システム研究
    機構 国立情報学研究所(NII)が構築中の学術情報ネットワーク「SINET5」により構成。
    JGN-X:NICTが2011年4月から運用している新世代ネットワーク技術の実現とその展開のための新たなテストベッド環境。
    SINET:国立情報学研究所(NII)が日本全国の大学、研究機関等の学術情報基盤として構築、運用している学術情報ネットワーク。今回の実験では、2016年1月より構築を開始したSINET5を利用し、札幌-東京間、大阪-沖縄間の回線を担当した。

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC テレコムキャリア企画本部
TEL:03-3798-6141

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
http://jpn.nec.com/profile/solutionsforsociety/index.html
Orchestrating a brighter world 世界の想いを、未来へつなげる。

Top of this page