Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. NEC、センサや映像などから事件・事故の発生・予兆を検知するソリューションを発売

NEC、ネット・センサ・映像などのデータを統合分析し、事件・事故の発生や予兆を検知するソリューションを発売 セーフティ事業体系「Safer Cities」を強化

2014年6月2日
日本電気株式会社


NECは、SNS等のネット情報、監視カメラの映像や音声、温度/湿度/匂いセンサのデータなどを統合分析し、事件・事故の発生や予兆を検知するソリューション「MAG1C (Multi AGencies, 1 Concert)(TM)」(マジック マルチエージェンシーズ ワンコンサート)を本日より販売開始します。

 

本ソリューションは、セーフティ事業体系「Safer Cities」(セーファー シティーズ、注1)のうち、自治体や省庁、関係機関など組織間の情報を共有する「省庁間連携ソリューション」を強化したものです。

また、本ソリューションは新たに、映像の改ざん検知、煙検知に役立つ匂いセンサなど多様なセンサによる検知、多様なデータ解析エンジンへの対応、などの機能を実現しました。さらに、自動データ解析、事象間の関連分析、危険度予測機能など、高度なビッグデータ分析も実現しています。

 

NECは、注力する「社会ソリューション事業」の一領域であるセーフティ関連のソリューションを、すでに世界40カ国で500システム以上導入しています。今後もこれらの豊富な実績をもとに、技術・製品・サービスの開発、パートナー連携、顧客への積極的な提案をグローバルに推進していきます。



【背景】

NECは、長年にわたり培ってきた世界No.1(注2)の生体(バイオメトリクス)照合技術や、高機能・高性能センサ技術、ビッグデータによる予知・予兆分析技術、SDN/Open Flow(注3)等の次世代ネットワーク技術などの先進技術を融合した、様々なセーフティソリューションを提供してまいりました。現在、これらのソリューションに加え、海外現地のSI力、顧客基盤を強化しながらアジア、中南米を中心に共通ソリューションモデルを開発し、グローバル展開を加速しています。

またNECは、シンガポールに設置した「グローバルセーフティ事業部」(GSD)により、「NECラボラトリーズシンガポール」(NLS)とともに、現地での実証実験を通じて開発された先端技術を用いてソリューションを創出し、現地主導型でグローバルなセーフティ事業を推進しています。

 

 

【MAG1C (Multi AGencies, 1 Concert)(TM)の製品群】

「MAG1C (Multi AGencies, 1 Concert)(TM)」は、下記の7種類の機能からなるソリューションです。

提供機能

特長

アクセス制御機能

統合システム全体の管理、ユーザ認証、アクセス制御

端末正当性検証機能(データ)

映像データの信頼性検証(デジタル署名)、監視カメラ映像の改ざん検知

端末正当性検証機能(ソフトウェア)

デバイス(例:監視カメラ)の信頼性検証、すり替え検知

共有デジタルサイネージ機能

多目的のデジタルサイネージ(例:緊急事態発生の通知・避難経路表示)

複数機関でのディスプレイリソース共有、単一コントローラによる複数ディスプレイの管理

大規模メディア解析機能

NEC製・他社製問わず映像や音声の解析エンジンを接続するプラットフォーム

数万台規模の監視カメラに対応、サーバの負荷調整

データ統合分析機能

複数のデータソース(映像、音声、匂い等)の統合分析、イベント間の関連分析、将来発生しうるイベントと危険度の予測

GUI機能

地理空間情報、画像、3Dデータ等を活用した情報表示、操作性の高いマップアプリケーション

 

 

NECグループは、「2015中期経営計画」をもとに、人が豊かに生きるための安全・安心・効率的・公平な社会の実現に向け、ICTを活用した高度な社会インフラを提供する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進し、「社会価値創造型企業」として、社会の様々な課題解決に貢献していきます。

 

以上

 

 


(注1) 2013年11月に体系化した「Safer Cities」における事業領域として、「国民ID・出入国管理」、「犯罪対策」、「重要施設監視」、「防災・救急」、「行政サービス」、「サイバーセキュリティ」、「省庁間連携」の7つを定義。

(注2) 米国国立標準技術研究所(NIST: National Institute of Standards and Technology)が実施する指紋認証や顔認証の精度評価において様々な分野で1位を獲得

(注3)
SDN:Software-Defined Networking、ネットワークをソフトウェアで制御する概念、社会・事業の環境変化に迅速・柔軟に対応する高度なICTシステムを実現可能
OpenFlow:ネットワーク制御機能をスイッチから分離し、コントローラに集約することで、ネットワークを集中制御できる次世代ネットワーク技術


本件に関する情報

NECのセーフティ事業への取り組みについて
http://jpn.nec.com/safety/

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC グローバルセーフティ事業部
E-Mail:safety@gsd.jp.nec.com

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

Share: