Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. NEC、大垣共立銀行のATMにおけるオリジナル画面サービスなど新サービスのシステム連携基盤を構築

NEC、大垣共立銀行のATMにおけるオリジナル画面サービスなど新サービスのシステム連携基盤を構築~ 「WebOTX Enterprise Service Bus」を活用 ~

2013年2月1日
日本電気株式会社



<製品関連URL>
WebOTX Enterprise Service Bus
http://www.nec.co.jp/WebOTX/



NECは、大垣共立銀行(所在地:岐阜県大垣市、取締役頭取:土屋嶢)のATMにおける「オリジナル画面」やお奨め商品・サービスのご案内など、新サービスを実現するためのシステム連携基盤をNECのSOA基盤()「WebOTX Enterprise Service Bus」(以下 WebOTX ESB)を活用し構築しました。

「オリジナル画面」は、ATMの画面をお客様自身でカスタマイズできるサービスです。またお奨め商品・サービスのご案内は、ATMを利用するお客様の年齢・性別・取引状況などに合わせた最適なお奨め商品やサービスのご案内を画面に表示するサービスです。これらのサービスは、Web-ATMシステムとCRMシステム、勘定系システムを連携させて実現しており、2月4日から大垣共立銀行の全ATMで提供されます。

大垣共立銀行ではこれまで、ATMでお客様向けに共通的な広告表示などを提供しておりました。今回、更にお客様一人ひとりにきめ細やかなOne to Oneサービスを実現するため、CRMシステムに登録されているお客様情報とATMでのサービスの連携を、WebOTX ESBを活用し実現しました。

「WebOTX ESB」は高信頼性と多彩な接続性を特長としています。本製品を活用してWeb-ATMシステムなどのチャネルと各システムを標準化されたインタフェースで接続することにより、今後新たなシステムを導入する際には、容易にシステム連携することが可能なため、費用の低減や開発期間の短縮につながります。

NECは今後、今回のシステム連携基盤を活用したチャネルの拡張と各業務システムとの接続・連携の拡大を提案し、大垣共立銀行の業務効率化・サービスの向上に貢献していきます。

大垣共立銀行のシステム連携基盤のイメージについては、別紙をご参照ください。

【別紙】 大垣共立銀行におけるシステム連携基盤のイメージ



以上




(注) SOA: Service-Oriented Architecture


製品関連URL

WebOTX Enterprise Service Bus
http://www.nec.co.jp/WebOTX/


本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 第二金融ソリューション事業部 第一ソリューション部
TEL:03-5746-3880
E-Mail:webstaff@fsp.jp.nec.com

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

Share: