Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. NEC、Microsoft(R)Windows Server(R)2012 Hyper-V(R)仮想スイッチをOpenFlowに対応させる拡張ソフトを開発

NEC、Microsoft(R)Windows Server(R)2012 Hyper-V(R)仮想スイッチをOpenFlowに対応させる拡張ソフトウェアを開発

2012年9月5日
日本電気株式会社


<本件に関する情報>
http://www.nec.co.jp/datanet/pflow/
<本件以外のNEC製品Windows Server 2012対応に関する情報>
http://jpn.nec.com/press/201209/20120905_01.html


NECは、マイクロソフト社のWindows Server 2012の Hyper-V 仮想スイッチをOpenFlow(注1)に対応させる拡張ソフトウェアとして、「UNIVERGE (ユニバージュ)PF1000」を開発し、11月より提供開始します。

「UNIVERGE PFシリーズ」(プログラマブルフロー)は、OpenFlow技術に対応し、SDN(注2)を実現するNECのネットワーク製品で、パケット転送機能を有するプログラマブルフロー・スイッチ「UNIVERGE PF5240/5820」と通信制御機能を有するプログラマブルフロー・コントローラ「UNIVERGE PF6800」で構成しています。
今回開発した「UNIVERGE PF1000」により、Windows Server 2012 Hyper-V上の仮想スイッチをOpenFlowに対応させることで、「UNIVERGE PF6800」が、既存の物理スイッチ「UNIVERGE PF5240/5820」に加え、仮想スイッチも制御することが可能になります。これにより、サーバ仮想環境の柔軟かつきめ細やかな制御を実現できます。

NECでは、Windows Server 2012の開発段階早期より、米国マイクロソフト社の協力のもと、「UNIVERGE PF1000」の検証を進め、今回の拡張ソフトウェアの開発を実現いたしました。


なお、今回の発表にあたり、日本マイクロソフト株式会社より以下のエンドースメントを頂戴しております。

日本マイクロソフト株式会社はNECが、Windows Server 2012の仮想ネットワークと連携しOpenFlowに対応した「UNIVERGE PFシリーズ」を発表されることを歓迎いたします。本拡張機能の提供が、企業が抱えるネットワーク複雑性の解消と運用負荷の削減に貢献できるものと期待しております。

日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員
サーバープラットフォームビジネス本部 本部長 梅田 成二



以上


(注1)OpenFlow:ネットワーク制御機能をスイッチから分離し、コントローラに集約することで、ネットワークを集中制御できる次世代ネットワーク技術。
NECはOpenFlowの非営利標準化団体であるOpen Networking Foundation (ONF)の設立メンバー。

(注2) SDN(Software-Defined Network):ソフトウェアによってネットワークの構成や機能をプログラミングできるようにするコンセプト。
Software-Defined Networkを実現するための標準がOpenFlow。

※ Microsoft、Windows Server、Hyper-V は米国及びその他の国におけるマイクロソフト社の登録商標。

※ 本文に記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。


新製品に関する情報

本件以外のNEC製品Windows Server 2012対応に関する情報

本件に関するお客様からの問い合わせ先

NEC UNIVERGEインフォメーションセンター
Eメール:univergeinfo@usc.jp.nec.com

私たちNECグループは、
「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現する
グローバルリーディングカンパニー」を目指しています。

Share: