ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. PLMソリューション
  4. ニュース
ここから本文です。

ニュース

【プレスリリース】NEC、PLMソフトの新製品「Obbligato III R4.1」を発売
~IoT時代に求められる製品構成情報と製造プロセス情報の統合管理を実現~[New]

NECは、設計図面・仕様書・部品表などの製品技術情報を一元管理するPLM「Obbligato III」の新製品「Obbligato III R4.1」を本日から販売開始します。
新製品は、これまでの部品の種類や数量といった製品構成情報(BOM:Bills of Material)に加え、製造工程・使用設備などの製造プロセス情報(BOP:Bills of Process)も管理することで、製造ナレッジ(工程表や作業指示書など)の共有・継承を促進します。
また、BOMとBOPを統合管理することで、仕様変更や不具合の際に、部品だけでなく、工程や設備も含めて影響範囲を迅速に特定し、対処可能とします。これにより、一貫したものづくりの品質を確保できるので、グローバル製造拠点の迅速な立ち上げ・生産移管にも貢献します。
  さらに、IoT(Internet of Things)によるセンサーなどからのリアルタイムな生産実績とBOPとの差異を分析し、ライン構成や設備の設定条件などが最適になるようBOPを継続的に改善することで、製造現場のパフォーマンスを最大化します。
  上記に加えて、医療機器メーカーに求められる、米国食品医薬品局(FDA)が制定した品質システムに関する米国連邦規制「21 CFR Part820」に対応するため、苦情や予防措置の管理機能なども新たに追加しました。

【プレスリリース】NEC、化学物質管理ソリューションおよびPLMソフトを
製品含有化学物質の情報伝達スキームchemSHERPAに対応したソリューション2種を発売「ProChemist/BM」「Obbligato III」[New]

NECは、経済産業省主導で開発され、2016年度より本格運用が始まる製品含有化学物質の情報伝達共通スキームchemSHERPA(ケムシェルパ、注1)にいち早く対応した ソリューション2種を本日から販売開始します。
今回販売開始する新ソリューションは、含有化学物質管理ソリューション「ProChemist/BM」、および製品技術情報の一元管理PLM「Obbligato III」です。

chemSHERPAは、部品や部材に含まれる化学物質情報を企業間で伝達する共通ルールで、業種・製品分野を限定せず、サプライチェーン全体で統一することで、確実・円滑な情報伝達を行うために開発されたものです。

  「ProChemist/BM」および「Obbligato III」は、chemSHERPAで併記が必要な、特定化学物質の含有有無に関する「遵法判断情報」および、化学物質の種類や量に関する「成分情報」を、企業のコンプライアンス基準に合わせて柔軟に選択・活用できます。
  また、chemSHERPAの導入が途中の段階でも、自社および取引先企業が従来から利用しているフォーマットと共存利用が可能であり、かつ既存データもchemSHERPAへの変換が可能なためスムーズな移行が可能になり、調査回答業務の効率化を実現します。

  • 注1:chemSHERPA についてhttps://chemsherpa.net/
    chemSHERPAの事務局を担当している一般社団法人産業環境管理協会(JEMAI)内、アーティクルマネジメント推進協議会(JAMP)が運営

【プレスリリース】NEC、セールスフォース・ドットコムとの連携を強化、SoE 領域の事業を推進
~SFA/CRMとObbligato連携により営業力および製品企画力を強化~

オムロン様、PLMを刷新し、グローバルでの設計・生産業務の効率化と改革に着手

グローバルでの開発-生産連携の強化 と、特に高いトレーサビリティが求められる車載電装部品事業の特性から、オムロン様では、PLMを刷新し、Obbligato III をグローバルで、事業成長を支える設計基盤として、導入されました。

現在、国内2拠点と海外6拠点で利用を開始しています。
安全性が重視され、精緻な管理が必要とされる車載電装部品の管理では、 自動車メーカからの過去のトレースの要求にも即座に対応できるようになりました。 また、設計資産のグローバル共有の実現とともに技術情報流出対策も実現しています。

車載電装部品事業への導入以後、順次、全事業への展開を予定されています。

CKD様、引き合い~設計~生産~出荷までの一連の業務を可視化

CKD様では、PLMソリューション「Obbligato III」を核に、ERPソフト「IFS Applications」を連携させ、製品の引き合いから、受注、設計、部品調達、生産、出荷に至るトータルプロセスを集約・統合化しています。

一元化された情報を基に業務を行うことで、一連の業務を可視化し、受注設計生産の「納期遅れゼロ」を実現しています。

NEC、PLMソフトの新製品「Obbligato III R3.1」を発売
~組込みソフトの開発プロセス管理や医療機器の米国法規制に対応~

NECは、設計図面・仕様書・部品表などの製品技術情報を一元管理するPLMソフト「Obbligato III」の新製品「Obbligato III R3.1」を本日から販売開始します。

新製品は組込みソフトの開発プロセスを管理する機能を提供することで、自動車業界や電機業界などにおけるハードおよびソフト開発プロセスの統合管理を実現します。
また、医療機器業などにおける電子記録・電子署名に関する米国連邦規則「21 CFR Part11」に対応したセキュリティ機能を提供することで、同規則への確実な対応に貢献します。

NEC、オムロン様のグローバルPLMシステムを構築
~設計資産の共有による開発効率向上を実現~

NECは、オムロン株式会社様において、設計図面・仕様書・部品表などの製品技術情報をグローバルで一元管理するPLMシステムを構築しました。
オムロン様では、グループ全社での部材情報の集約と活用、開発効率の向上を実現すべく本システムを導入し、設計資産の共有による開発効率の大幅な向上、設計と生産が連動した設計変更管理の効率化、グローバル共通の開発環境の構築などに取り組みます。

NEC、グループ全社の開発プロセスおよびPDMシステムを統一
~設計資産の効率活用、開発・生産のグローバル変動対応力を強化~

NECは、NECグループ全社の開発プロセス改革に取り組むと共に、そのIT基盤として設計図面・仕様書・部品表などの製品技術情報を一元管理する統合PDM(Product Data Management)システムを構築します。
本取り組みにより、グループ全社での設計資産の効率的な活用や、開発・生産領域におけるグローバルでの変動対応力の強化を実現します。

NEC、タイの自動車部品・工作機械メーカー様にObbligato for SaaSを提供

NECは、タイのCLP Engineering Co., Ltd.(以下、CLPエンジニアリング様)に、PLMクラウドサービス「Obbligato for SaaS」を提供しました。
本サービスの導入により、CLPエンジニアリング様は、従来は紙で管理していた部品表や設計図面、仕様書、見積書などのドキュメントをシステム上で一元管理することが可能となり、業務の効率化・高度化を実現します。

ページの先頭へ戻る