ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. PLMソリューション
  4. PLMとは?
ここから本文です。

PLMとは?

昨今の「製品開発(ものづくり)」の現場では、市場や顧客の要求機能や品質要件が増す中で、価格競争は激化の一途をたどっています。また、新技術の急激な進展に対応していくためのリソースの育成・確保が大きな問題となりつつあり、社外パートナー企業とのコラボレーション製品開発環境の実現や機動的なプロジェクトマネジメントも必要不可欠になってきています。

このように、日本の製造業の「製品開発(ものづくり)」を取り巻く環境は、事業や産業そのものの構造を変えるような、ダイナミックなスケールで転機を迎えています。この転機をチャンスとして捉え、昨今の市場の変化や、その中でのコンペチタの動きを十分に理解・分析して先行した手を打てば、企業競争の優位に立てることは間違いありません。

私どもNECでは、NEC社内外における製品開発領域でのシステム構築に長年に渡りたずさわってきた経験を基に、貴社のビジネスを成功に導く、具体的なソリューションをご提案し、製品開発プロセスにおける本質的な改革を推進するお手伝いをさせていただきます。

本サイト内では、私どもで蓄積してきたソリューションや事例の一部をご紹介させていただいています。一通りご覧いただければ幸いです。また、ご興味があるものがございましたら、各箇所の資料請求フォーマットより、お気軽にお問い合わせください。

PLMとは

製品開発の企画段階から設計、調達、生産、販売、顧客サービス、廃棄に至るまでの「製品ライフサイクルに渡るすべての過程」を包括的に管理するための手法。
SCMやCRMに続き、企業の競争力を強化する開発プロセス革新の切り札として期待が高まっている。例えば、製品開発過程において、デザイン・設計段階のCADデータを流用してサプライヤへの部品発注に利用したり、その後、生産、販売に至るまで共通してそのデータを流用していくことにより、製品投入までの時間を大幅に短縮でき、コスト削減を図ることができる。こうした製品開発過程で発生したデータを一元管理するためのシステムとして「PDM」(Product Data Management : 製品データ管理)がある。

ページの先頭へ戻る