ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. パートナーズISVビジネスセンター
  3. パートナー製品一覧
  4. 顔認証システム×サーマルカメラによる検疫・監視ソリューション
ここから本文です。

MOBOTIX社との連携:

顔認証システム×サーマルカメラによる検疫・監視ソリューション

連携メリット

【課題】

  • サーマルカメラで体表温度の測定は可能だが、高熱の人物の個人特定まではできないため、その場ですぐに隔離するなどの対策が難しい。

  • 食品工場や病院、介護施設等は施設の性質上衛生管理を徹底する必要があり、高熱の従業員を施設入場前に特定したいが、全員検査は難しい。

  • 幼稚園保育園や学校ではインフルエンザなどの感染が広がりやすく、学級閉鎖や休園になるが、手洗いうがい徹底などの予防対策に限界がある。

【解決】

  • 高熱者の検知時に同時に顔認証を行うことで、容易に自動的に高熱者を特定可能。

  • 食品工場や病院、介護施設等の従業員の健康状態を管理、衛生上のリスクを低減。

  • 登園や登校時に高熱者を検知することで、園内や学校内での感染拡大を抑制。

システム概要

顔認証システムとサーマル検疫カメラを連携させて、 顔認証による入退管理と同時に高熱者の検知・アラート通報を実現します。

顔認証システム(システム概要)

連携製品

活用パターン

活用パターン 従業員の健康管理

顔認証システムとサーマル検疫カメラをを連携させて、 顔認証による入退管理と同時に高熱者の検知・アラート通報を実現します。

活用パターン①

効果

  • 高熱者の検知時に同時に顔認証を行うことで、容易に自動的に高熱者を特定可能。

  • 介護施設等の従業員の健康状態を管理、衛生上のリスクを低減。


ページの先頭へ戻る