ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. Express5800シリーズポータル
  5. PCサーバ
  6. オプション製品
  7. バックアップ
  8. バックアップ装置選択
ここから本文です。

バックアップ装置 Express5800シリーズ

テープ、RDXの幅広いメディアに対応可能。企業信頼を大きく左右する「データ保存」を多彩にサポート。

バックアップ装置の種類

バックアップ装置には、テープを使う装置とリムーバブルディスクを使う装置があります。
テープの主なフォーマットには、LTOがあります。また、リムーバブルディスクを使って、テープ装置と同様のカートリッジ交換式のバックアップが可能な製品としてRDXがあります。

LTO

LTO(Linear Tape-Open)は、IBM、HP、Seagate(現Quantum)の3社によって共同開発されたテープフォーマットです。
第3世代の規格LTO Ultrium3から、第6世代の規格LTO Ultrium6までリリースされています。
LTO フォーマット間での下位互換性が確保されていること、カートリッジにメモリを搭載し、高速化やテープ磨耗による劣化を最小限に防ぐ機構になっているのが特長です。
データ記憶/再生方式は、「リニア記録」方式を採用しています。

【画像】LTO6/LTO6集合型イメージ

RDX

RDXは、リムーバブルディスクを使って、テープ装置と同様のカートリッジ交換式のバックアップが可能な製品です。ドラッグ&ドロップで、ファイル単位のバックアップや復旧が容易に行えます。高い挿抜耐久性に加え、静電気にも強い構造を実現。ヘッドクリーニング不要のため作業負荷を軽減できます。

  • カートリッジ毎に加え、カートリッジ内での世代管理も可能
  • ヘッドクリーニング不要のため作業負荷を軽減
  • 高い挿抜耐久性に加え、静電気にも強い構造を実現
  • 既存テープ装置と比較し、低価格かつ高速にてバックアップ可能
  • ドラッグ&ドロップでも使用可
  • ファイル単位のバックアップ&リストアが容易
  • ドライブの互換性を確保し、同一ドライブで複数の容量カートリッジに対応

【画像】RDXイメージ

さまざまな利用シーンからの選択例

【画像】さまざまな利用シーンからの選択例

ご購入前のご相談・お問い合わせ

ご不明点、気になる点などございましたら、お気軽にご相談下さい

まだ、導入するかわからない・・・という方でも、ハードウェア、ソフトウェア、ソリューションに数多くの実績を持つNECが対応いたします。

ファーストコンタクトセンター

電話番号は03-3455-5800

月曜日~金曜日(除祝日、弊社休日)
9:00~12:00 / 13:00~17:00

もっと詳しく製品を知りたい方

ショールームクラサバ市場秋葉原店

各製品の展示・デモを通して製品の活用シーンを体験いただけます。NEC説明員による製品説明もございます。無料で見学可能ですので、お気軽にお越しください。

ページの先頭へ戻る