ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. アウトソーシング
  4. 運用サービス
  5. 運用サービスの特長
ここから本文です。

運用サービス・特長

お客様の業務・システム改革を提言

NECは、安心安全な運用サービスをご提供するだけでなく、運用情報をポータルを通して見える化し、更に運用現場で得た情報の分析により運用業務の改善・変更を行っています。 また運用統括者が運用情報をもとに作成されたデータウェアハウスを用いて分析し、お客様の業務やシステムのあるべき姿を考察・提案することにより、お客様の経営に貢献するITシステムへのトランスフォーメーションを支援していきます。

運用サービス:運用情報の見える化・運用業務の改善変更

NECのサービス管理標準

NECでは、サービスの企画から提供までのプロセスを5つのフェーズに定義し、そのフェーズごとに参照すべきグローバル標準(国際規格、業界標準)を取り決めています。 これにより、グローバルで認められる安心・安全なサービス品質を実現します。

運用サービス:NECのサービス管理標準

NECのサービス標準フレームワーク

また、NECは、運用設計に際し、お客様との責任分解点の明確化、内部統制の担保などを的確かつ効率的に行えるよう以下の標準サービスフレームワークを用意しています。このフレームワークには5つのポイントがあります。

  • ポイント①マネジメント業務を3つの観点で構成(運用統括、共通、さらにレイヤーを縦方向にまたがったマネジメント)
  • ポイント②業務運用はBPO(委託型)と業務代行(支援型)に分離
  • ポイント③業務とアプリケーションの分離
  • ポイント④運用と保守の分離
  • ポイント⑤サービス化(NECで資産化)

このフレームワークの活用は、きめ細やかでかつ安心・安全なサービス提供を可能にしています。

運用サービス 標準フレームワーク

統合運用サービス
(NEC Remote Infrastructure Managementサービス)

複雑化するICTシステムの日々の運用作業負荷やコストを減らしたい、そんな課題をお持ちでないでしょうか?
NECは、長年培ったノウハウをもとに、お客様の運用作業を代行するサービスをご提供します。
低価格で高品質な運用サービスにより、お客様の運用負荷・コスト削減に貢献します。

ページの先頭へ戻る