ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. OpenMeisterEnterprise
  4. ニュースリリース
ここから本文です。

ニュースリリース

OpenMeisterEnterprise(R)/EF V6.0 強化項目 (2017.06.15 リリース)

Java8への対応

使用するJavaのバージョン変更(JavaSE 8)に伴い、OMEジェネレータで使用するXMLパーサを変更しました。それによりXSLTの解釈が変更になったためジェネレータテンプレートの更新を行いました。

OpenMeisterEnterprise(R)/EF V5.0 強化項目 (2014.04.25 リリース)

表示項目がカスタマイズ可能な画面機能を提供

画面を構成する項目ごとに利用者の好みに応じた表示・非表示の設定ができ、その表示・非表示を利用者自身によって設定できるサンプル、および部品を追加しました。

一覧のソート順切り替え機能を提供

一覧画面のデータ表示順の自由な設定ができ、その表示順を利用者自身によって設定できるサンプル、および部品を追加しました。

カスタマイズ可能な個人メニュー機能を提供

よく使うメニューとそうでないメニューなど、メニューの優先度の変更ができ、その優先度を利用者自身によって設定できるサンプル、および部品を追加しました。

階層構造のメニュー機能を提供

メニュー構造を階層的に定義ができ、マウスクリックによるメニュー項目の段階的な表示・非表示切り替えを可能にするサンプル、および部品を追加しました。

Java7への対応

jp.co.nec.ome.servlet.OmHttpServletRequestクラスに、J2EE 1.4以降に追加されたメソッドを追加しました。また、ジェネレータによって生成されるプログラム中のMapやListに、そこに格納されるクラスを特定するためのジェネリックスを記述しました。

OpenMeisterEnterprise(R).NET 2005 V1.4 強化項目 (2008.12.22 リリース)

Windows(R) Server 2008(IIS7.0)、.NET Framework 3.5、Oracle 11gへの対応

Windows(R) Presentation Foundation(WPF)サンプルアプリケーション提供(C#のみ)

サンプルアプリケーションに、Windows(R) Presentation Foundation(WPF)クライアントアプリケーションを追加しました。(WindowsFormサンプルアプリケーションと同様の機能をWPFアプリケーションとしてソース提供、Visual Studio 2008/C#のみ、Visual Basicは未対応)。

業務共通機能(Common)関連

- ログ書き込みクラスに、ファイル先頭にヘッダ行を出力するかどうかを指定するOutputHeaderプロパティを追加。

- ログ書き込みクラスに、出力先ディレクトリの自動作成機能を追加。

- 認証サービスを実行するクラスのメソッド構成を整理し、DBからのユーザ情報取得などを一箇所で行うように修正。

 

- .NET Remotingによる通信の圧縮機能で、圧縮を有効に設定している場合でも、特定のファサードメソッドのみ圧縮処理を無効にする属性を追加。

- .NET Remotingによる通信時、通信データの簡単な暗号化を行う機能を追加。

- .NET Remotingのファサード一括登録機能において、publicOnly属性がfalseの場合に、publicでないファサードが正しく登録対象となるよう修正。

ページの先頭へ戻る