ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

ニュース&トピックス

クラウド型PLM「Obbligato for SaaS」に
~グローバル展開・設計生産連携を強化する機能を追加~

クラウド型PLM「Obbligato for SaaS」に、海外工場とのBOMの共有や設計~生産のスムーズな連携を支援する機能を強化しました。
 
自社導入型PLM「Obbligato III」の統合BOM機能に加え、統合BOMご利用頂いている多くの事例をベースに、通常カスタマイズしている機能をSaaS版限定の標準機能として実装しました。また、豊富な実績を分析し、設計~生産までの汎用的な業務の流れをSaaSサービス上に実装済です。

こんなお客様におススメ

  • 海外や事業部単位で、迅速・小規模にPLMを立ち上げたい!
  • PLMで統合BOMを持つメリットや使い方を試してみたい!
  • 自社運用イメージが付かず、シナリオベースに評価したい!
  • ERPへエントリ用のBOM管理に簡単なPLMを使いたい!

Obbligato for SaaS 新機能

  1. 設計/生産、日本/海外工場などでの利用を意識した ≪統合BOM機能≫
    設計BOMと生産BOMや、日本から来るBOMと海外現地向け製造BOMなど、用途別のBOMを管理し、BOMの流れを効率化、設計変更ミスやリードタイム削減が可能です。多くの実績を分析し、設計~生産の汎用的業務の流れを実装済。シナリオをベースにすぐに試行が可能です。

  2. CADやERPなどとシームレスな連携を実現する ≪外部システム連携≫
    SaaS版では、これまで手動だった外部システムとの連携が、バッチで自動化することが可能になりました。CADデータやBOMなどの自動登録や、生産BOMのバッチ出力により、設計~生産までシームレスな連携が可能となり、設計者の負荷軽減、リードタイム短縮を図れます。

  3. グローバル・情報共有を強化する情報漏えい対策 ≪持ち出し制御≫
    技術情報を安全に共有しつつ、共有したい機密情報を外部へは一切持ち出せない仕組みを作り、技術情報の漏えい対策を実現。多くのお客様で、内部漏えい対策として、導入が加速している「Obbligato 持ち出し制御機能」が、SaaSで利用できるようになりました。

Obbligato for SaaSをお試ししたい方へ

「PLMって、どんなものだろう?」「実際に操作してみたい」という型に、無償でご利用いただける「お試しサイト」と「体験セミナー」をご用意しています。
ご興味がある方は、下記バナーよりお申込みください。

Obbligato for SaaS 無料・体験セミナー

Obbligato for SaaS 無料・お試しサイト

  • ≪注≫ベンダ様(販売店/SIベンダ/コンサルティング会社など)からのお申込み・資料請求・お問い合わせは、お断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

Obbligato for SaaS についての資料請求、お見積もり、お問合せはこちらからお申込みください。

Obbligato for SaaS 体験セミナー

Obbligato for SaaS お試しサイト

Obbligato for SaaS in Thailand

Obbligato for SaaS イチ押しゼミナール

ページの先頭へ戻る