ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. Obbligato for SaaS
  4. 業務アプリケーション
ここから本文です。

業務アプリケーション

Obbligato for SaaSでは、「Obbligato」で培ったノウハウを活かし、製品情報管理に必要な業務機能をご提供します。

業務機能

オプション機能

提供機能

業務機能

Obbligato for SaaSでは、まずPLMの基本となる「ドキュメント管理」、「製品構成管理」、「設計変更情報管理」をご提供します。これまで発生していた作業の抜け漏れを削減し、設計業務やメンテナンス業務を効率化を実現します。お客様の業務改善や品質向上を強力に支援します。今後は原価管理や含有化学物質管理など、PLMをより有効活用する機能をご提供予定です。

ドキュメント管理

ドキュメント管理は製品開発の過程で発生する大量の図面、仕様書といった各種製品データを一元管理する機能です。必要な人が適切なドキュメントを迅速かつ安全に活用できる環境を実現し、ドキュメント作成のリードタイム短縮と品質向上を支援します。

特長
  • 必要な情報を誰にでも簡単に検索/流用可能
  • 社内情報共通の効率化

詳細機能
  • 版管理
  • ドキュメント番号/コードの自動採番
  • ドラック&ドロップによる登録
  • 各種データとの関連付け、参照

製品構成管理


BOM※とは品目情報と構成情報からなる製品のマスターデータのことで、製品がどのような部品や材料から構成されているかを表した「ものづくりの要となる情報」です。いかに製品仕様(スペック)をBOMで具現化していくか、BOMを効率的に作り流用率をあげるか、設計のBOMをどうやって下流工程までつなげ活用していくか、などBOMの活用が製品の早期市場投入や品質に大きく影響し、ひいては企業の利益を左右します。

製品構成管理は、設計BOMと生産BOMなどの用途別BOMの管理や、BOMと関連する製品情報を統合管理する機能です。BOMに関連する図面や設計変更情報がすぐに参照できるので、関連情報を探す手間や抜け漏れを削減できます。時間がかかっていたBOMメンテナンス業務や、設計変更の下流への反映など、ミスや遅延を削減することで、製品の早期市場投入と品質向上を実現します。

  • BOM(Bills Of Material):部品表、製品構成表

特長
  • BOMメンテナンス業務の効率化に特化したBOMエディタの提供
  • BOMと関連情報が同一画面で確認でき、設計業務を効率化
  • 部品情報共有による部品の標準化促進
  • 設計BOMと生産BOMの統合管理により、BOMの流れを効率化
  • 日本の設計者の声を反映した痒いところに手が届く業務機能を多数装備

詳細機能
  • 製品構成管理
  • 統合BOM管理[New]
  • 部品スペック管理
  • 部品表エディタ
  • 部品採番管理
  • ドキュメント連携
  • 関連情報管理

設計変更情報管理

設計変更情報管理は、設計変更オーダに、関連する情報を紐付け、承認などの設計変更ワークフローを支援する機能です。設計変更情報に、関連する製品や部品差分情報、ドキュメントなどをセットで管理できるため、関連情報をすぐに、漏れなく、簡単に参照できます。確実かつ迅速な設計変更を実現することで、設計変更に伴うロスを極小化、スムーズな生産・量産後のコストダウン推進を支援します。

特長
  • 設計変更情報と関連情報をセットで管理、設計変更業務を効率化
  • 設計ワークフローで、複数部門間でのレビュも迅速かつ正確に実施

詳細機能
  • 設計変更情報管理
  • 設計変更ワークフロー管理
  • ドキュメント管理連携

オプション機能

持ち出し制御[New]

持ち出し制御機能は、Obbligato for SaaS で管理している図面やドキュメント、部品表(BOM)、変更情報など全ての情報を機密情報とし、持ち出し制御ユーザの端末からは、情報漏えいの原因となる様々な持ち出し操作(外部メディアコピー、印刷、メール添付など)を抑止します。技術情報の安全な共有促進と知的財産の漏えいリスク低減を両立し、セキュアな開発環境を実現します。

特長
  • 持ち出し制御ユーザは、Obbligato内のデータを一切持ち出し禁止
  • Obbligato以外の通常データは、いつも通り印刷やメール添付可能
  • 暗号化技術を使用せず、暗号化規制のある国でもスムーズに導入可能

詳細機能
  • 印刷、画面キャプチャ、外部メディアコピー、メール添付を抑止
  • 通常データと機密データの共存

外部システム連携[New]

外部システム連携機能は、クラウド上のObbligato for SaaS へ、バッチで登録や出力する機能です。CADデータやBOMなどのデータの自動登録や、生産BOMの自動出力により、設計~生産までシームレスな連携が可能となり、設計者の負荷軽減、リードタイム短縮が図れます。

特長
  • お客様環境の中継サーバとクラウド上のObbligatoで連携可能
  • 外部システムと連携することにより自動化が可能
  • 入出力項目はツールで簡単に設定可能

詳細機能
  • 入力バッチ機能/出力バッチ機能
  • スケジュール、検索条件、フォーマットの指定

Obbligato for SaaSをお試ししたい方へ

「PLMって、どんなものだろう?」 「実際に操作してみたい」という方に、無償でご利用いただける「お試しサイト」と「体験セミナー」をご用意しています。
ご興味がある方は、下記バナーよりお申込みください。

Obbligato for SaaS 無料・体験セミナー

Obbligato for SaaS 無料・お試しサイト

  • ≪注≫ベンダ様(販売店/SIベンダ/コンサルティング会社など)からのお申込み・資料請求・お問い合わせは、お断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

Obbligato for SaaS についての資料請求、お見積もり、お問合せはこちらからお申込みください。

Obbligato for SaaS 体験セミナー

Obbligato for SaaS お試しサイト

Obbligato for SaaS in Thailand

Obbligato for SaaS イチ押しゼミナール

ページの先頭へ戻る