ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. Obbligato III
  4. グローバル
ここから本文です。

グローバル

Obbligato III におけるグローバル対応

グローバル市場で勝ち抜くには、新興国マーケット等の現地ニーズへの対応など、製品開発・設計やマーケティング機能の強化が不可欠です。

Obbligato IIIでは、RIA技術やSOA対応など最新テクノロジーを採用することで、グローバル分散開発に求められるインフラ整備などのコストや運用負荷の課題を解消します。さらに、商品企画を支援するソリューションを提供することで、現地ニーズを取り込んだ商品企画を実現します。

Obbligato IIIなら、セキュアなグローバルPLMシステムを構築できます。

ポイント

グローバルシフトにも対応しやすい環境

設計・開発機能のグローバルシフトを考慮して、インターネット環境でセキュアで使い易い利用環境(RIAクライアント)をご提供します。

現地ニーズを取り込んだ商品企画を支援

新興国などの海外市場を収集して製品企画を行う際に要件から仕様や機能に展開し、製品を定義した上で企画BOMとして設計に反映することができます。

セキュリティ機能の強化によりコンプライアンスを強化

監査証跡の記録や改ざん防止、なりすましによる電子署名の偽装防止など、医療機器メーカーに要求される法規制(FDA Part 11)対応を支援するほか、各種セキュリティ対策によるコンプライアンスの強化を実現します。

情報漏えい対策

内部からの技術情報の流出を徹底的に防止するセキュリティソリューションをご提供します。
暗号化技術を利用していないので、暗号化が禁止されている国でも導入が容易です。

大容量データへの高速アクセスを実現

容量の大きなファイルを海外拠点間で最適な形で分散配置することが可能なため、ストレスのないリアルタイムな設計データが実現できます。

グローバルサポート

サポートは海外拠点の弊社現地法人が窓口となります。
システムの販売/コンサルティング/インプリメンテーション/運用サービスなどを実施できます。(日本語でも対応可)

多言語対応

製品データの多国語での混在表示が行えます。(Unicode対応)
日本語/英語/中国語をサポートします。
クライアントごとに言語を切り替えて利用できます。
ローカルタイム、日付表示ができます。

機能 Obbligato III 機能
多言語 UNICODE対応
日本語版、英語版、中文版をリリース
※標準メニュー、マニュアルを整備
グローバルで情報共有するには、利用言語を統一(または極力絞り込み※)することを推奨
※日英もしくは日英中併記
多通貨 任意の通貨を定義可能 通貨及び有効期間の指定が可能
マルチカレンダ 複数のカレンダーを保持可能
プロジェクト、タスク、メンバごとにカレンダーを保持
国別に異なる祝日等を複数のカレンダーで定義可能
タイムゾーン
サマータイム
タイムゾーンの異なる環境にクライアントが配置された場合の適切な動作をサポート 登録日、更新日、承認日等を適切な日時で表示等
分散管理 データベースサーバでの集中管理の他、ファイルデータのみ分散管理、データベースサーバの分散配置(レプリケーション) ネットワーク回線速度とアクセスするデータ種類によって検討
業務・運用及び投資対効果も考慮して検討
  • クラウド型PLM Obbligato for SaaS サイトはこちらから

ページの先頭に戻る