ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. Obbligato III/持ち出し制御ソリューション
  4. コンセプト
ここから本文です。

コンセプト

暗号を使わないNEC独自技術でグローバル分散開発を支援

近年、日本の製造業においては、多くの企業が製品設計は日本で行い、現地化設計や生産は中国などの海外拠点で行っています。こうした中、日本から送られてくる図面や仕様書などの技術情報は紙や現地のファイルサーバ上で管理されることが多く、内部から容易に持出すことができてしまうため、機密である技術情報の漏えいリスクをいかに低減させるかが大きな課題となっています。
「Obbligato III/持ち出し制御ソリューション」なら、ファイルサーバや既存システム上にある機密データの社外への流出を防ぐシステムを短期間で立ち上げ可能です。 また、暗号を使わないNEC独自技術を採用しているため、暗号化に対する規制のある国への導入もスムーズです。

暗号を使わないNEC独自技術でグローバル分散開発を支援

利便性を損なわずにセキュリティ対策を実現

従来、セキュリティシステムを強化するなら、使い勝手がある程度悪くなるのは仕方がない、と言われており、セキュリティシステム普及の阻害要因にもなっていましたが、これからの時代は、利便性を損なわないセキュリティ対策が求められています。
「Obbligato III/持ち出し制御ソリューション」 なら、従来通りの使い勝手を維持したまま、追加投資も最低限に抑えて、情報漏えい対策を実現します。

利便性を損なわずにセキュリティ対策を実現


  • 情報漏えい対策Webセミナー申込み受付

ページの先頭へ戻る