ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. NX7700xシリーズ 
  5. 技術サポート情報・ダウンロード
  6. Windows Serverサポート情報
  7. Microsoft Windows Server 2012 R2 サポート情報
ここから本文です。

Microsoft Windows Server 2012 R2 サポート情報

最新情報

2015/7/13
「Windows Server 2012 R2 NICチーミング(LBFO)設定手順書」を追記しました。インストール補足説明書よりも最新情報になりますので、こちらをご確認ください。

Windows Server 2012 R2 について

Windows Server 2012 R2は、Windows Server 2012が目指した「クラウドOS」というビジョンをより深く実現するための強化を実施し、信頼性、性能、使い勝手などを向上し、より多様なシステム形態に対応します。
Windows Server 2012 R2 の詳細は、下記 Web サイトをご確認ください。

更新プログラム(KB2919355)
Microsoft社から、Windows Server 2012 R2 (および Windows 8.1)の更新プログラム(KB2919355)が、2014/7/10(日本時間)に「重要な更新」として Windows Updateで提供されました。
今後Microsoft社から提供される修正モジュールは、更新プログラム(KB2919355)が適用されていることが前提となりますので、下記詳細情報(Microsoft社サイト)をご確認の上、適用してください。

なお、NE3303-142 SASコントローラを接続した環境で、 上記の更新プログラム(KB2919355)を適用すると、システムイベントログ にLSI_SAS2のエラー(イベントID:11)が登録される場合があります。 以下の更新プログラムを適用することによって、LSI_SAS2のエラー (イベントID:11)が登録されなくなります。 下記詳細情報(Microsoft社サイト)をご確認の上、適用してください。

NX7700xシリーズにおけるサポート方針/サポートキット

本サイトで、「Windows Server 2012 R2」が利用できるモデルについての情報を公開して参ります。
以下に、サポート対応状況について情報公開いたします。
対応モデル
現時点(2014/7/10)でWindows Server 2012 R2をサポートするモデルです。今後サポート可能のモデルについては、順次情報を公開します。

利用するときは、その時点での最新情報をご確認ください。
OSの対象エディションは、全て「Standard」と「Datacenter」です。

サポートキット/モデル名 型番
NX7700x/A2010M-60 NE3400-001Y,NE3400-002Y,NE3400-003Y,
NE3400-004Y,NE3400-005Y,NE3400-006Y,
NE3400-007Y,NE3400-008Y,NE3400-011Y,
NE3400-012Y,NE3400-013Y,NE3400-014Y,
NE3400-015Y,NE3400-016Y,NE3400-017Y,
NE3400-018Y
NX7700x/A2010M-30 NE3400-021Y,NE3400-022Y,NE3400-023Y,
NE3400-024Y,NE3400-025Y,NE3400-026Y,
NE3400-027Y,NE3400-028Y
NX7700x/A2010M-15 NE3400-031Y,NE3400-032Y,NE3400-033Y,
NE3400-034Y,NE3400-035Y,NE3400-036Y,
NE3400-037Y,NE3400-038Y
NX7700x/A2010L-60 NE3300-001Y,NE3300-002Y,NE3300-003Y,
NE3300-004Y,NE3300-005Y,NE3300-006Y,
NE3300-007Y,NE3300-008Y

Windows Server 2012 R2 Hyper-V
Windows Server 2012 R2 Hyper-Vに関するサポート情報は、下記をご確認ください。

ソフトウェア対応
下記をご確認ください。

英語版について
英語版Windows OSについては、下記をご確認ください。

技術情報

Windows Server Failover Clusterの設定手順
Windows Server Failover Clusterの設定は、以下の手順書に従って実施してください。

注意事項

OEM版 Windows Server 2012 RDS CAL
OEM版 Windows Server 2012 Remote Desktop Services CAL(RDS CAL)を 旧バージョンOSに適用する際、プロダクトキーの入力に失敗します。 その為、Microsoft社への電話による認証手続きが必要です。
 
[弊社対象製品]
UL1901-021~-028、-031~-03C Windows Server 2012 RDS CAL
[発生する事象]
Windows Server 2008 R2以前のバージョンのOSで構築されたライセンスサーバに、製品添付のプロダクトキーを入力すると拒否される。
[対処方法]
Microsoft社ライセンス認証窓口(クリアリングハウス)に電話し、 オペレーターに繋いで、「NEC OEM版 RDS CALのプロダクトキーが登録できない」と説明してください。[電話番号: 0120-801-734]

  • Microsoft、Windows、Windows Server、Hyper-Vは、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
  • その他、本サイトに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

ページの先頭へ戻る