ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. NX7700xシリーズ 
  5. ソリューション/ミドルウェア
  6. [特集]SAP HANAで実現する、データウェアハウスの刷新
  7. 現状の課題
ここから本文です。

現状の課題

欲しい情報が手に入らず、ビジネスのスピードに追いつけない、データマートの開発・運用コストが増大し続ける。

椛田氏 (SAP):各業務部門では欲しい情報がすぐに手に入らず、ビジネスのスピードに追いついていない、という課題があります。
ITの視点でこの課題を掘り下げると、データウェアハウス(以下DWH)の性能問題に辿り着きます。大量データを処理する場合には、依然として多大なコストを掛けてDBのチューニングを行い、データマートを作成して性能問題を回避しています。

しかし、事前集計済みのデータマートは情報の鮮度や整合性が失われ、業務視点ごとに大量のデータマートを作成するため、システムが複雑化しています。また、データマート作成には多大な設計、開発、運用コストがかかります。

ページの先頭へ戻る