ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. NX7700iシリーズ
  5. テクノロジ
  6. プロセッサ
ここから本文です。

プロセッサ

「インテル® Itanium® プロセッサー9700シリーズ」搭載

NX7700iシリーズでは、インテルの基幹業務システム向け最新プロセッサーである「インテル® Itanium® プロセッサー 9700シリーズ」を搭載しています。この最新インテル® Itanium® プロセッサーは、インテル® Itanium® プロセッサー 9500製品ファミリーのマイクロアーキテクチャーを継承し、高度なRAS機能を搭載しています。命令実行中にエラーが発生した場合に命令の再実行を自動的に行うインテル® インストラクション・リプレイ・テクノロジーやL3キャッシュのエラー検出・訂正を実現するインテル® キャッシュ・セーフ・テクノロジー等のRAS機能により、基幹業務の厳しい要求にも応えられる耐障害性、データの完全性、システム・アップタイムを実現します。

インテル® Itanium® プロセッサー9700シリーズ
●8コア・プロセッシング
●アドバンスト・EPICアーキテクチャー
●改良型インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー
●インテル® QPI Link Speedの向上
●大容量ラストレベルキャッシュ:32MB
●新インストラクション採用によるパフォーマンス向上
●32nmプロセス採用による低消費電力化
●インテル® Instruction Replayテクノロジーによるシステムダウンの回避

ミッションクリティカルシステムを支える耐障害性の強化

インテル® Itanium® プロセッサー 9700シリーズは、高度なRAS機能を搭載することで、メインフレーム・クラスの高い可用性を実現しています。
新機能のインストラクション・リプレイは、実行中の命令がエラーになった場合に、自動的に再実行させることにより、システムクラッシュやデータ破損に発展する深刻な障害を防止します。つまり、コアのパイプラインでエラーが検出された場合に、そのエラーを訂正するのではなく、エラー検出されたパイプラインをリセットし同じ命令を再実行させます。このパイプラインは、インストラクションバッファの前後でフロントエンド部、バックエンド部に分割でき、それぞれでエラーを封じ込め再実行します。なお、このインストラクション・リプレイは、メインフレーム以外では初めて搭載されました。
また、この他のエラー対策として、キャッシュ部ではファーストレベル、ミッドレベルキャッシュではシングルビットエラーの訂正、ラストレベルキャッシュではダブルビットエラーの訂正機能を装備しています。メインメモリでは、引き続き1枚のDIMM上で2つまでのメモリチップエラーを容量を犠牲にすることなく訂正するDDDC(Double Device Data Correction)をサポートしています。外部インターフェースである、QPI(Quick Path Interconnect)やSMI(Scalable Memory Interconnect)では、データレーン上で単発的に発生したエラーに対してパケットを再送することで訂正、連続的に発生した場合には、そのデータレーンをリセットして再実行させます。

ページの先頭へ戻る