ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. NX7700iシリーズ
  5. サポート&ダウンロード
  6. Windows修正情報
ここから本文です。

Windows Server 2003 「自動更新」機能による Service Pack 1 自動ダウンロード開始に関するご注意

マイクロソフト社では、Windows Server 2003の「自動更新」機能(以下、AU機能とします)によるServicePack1(以下SP1)の自動ダウンロードを、2005年7月27日(日本時間)から開始致します。

今回の自動ダウンロードで、SP1が自動的に適用されることはございませんが、システムへの影響を確認する前に不用意に適用してしまう可能性が高くなります。
つきましては、適用にあたり十分ご留意いただくとともに、以下の対処をお願い致します。

影響範囲とお願い

Windows Server 2003を使用されている環境において、「AU機能を使用」かつ「SP1未適用」の場合、SP1が自動的にダウンロードされ、以下のようにサーバの使用者/管理者が不用意にSP1を適用してしまう恐れがあります。

  • SP1未対応のシステムにSP1を適用してしまう
  • SP1に対応しているシステムにおいても、正規でない手順でSP1を適用してしまう

これにより、システムによっては正常に動作しなくなる場合がございます。
つきましては、「SP1未適用のWindows Server 2003環境」におかれましては、システムのSP1対応状況やお客様の方針に従って、以下の対処を実施いただけますようお願い致します。

対処方法

A) 7月26日までにSP1の適用が可能な場合

お使いいただいておりますWindows Server 2003サーバが、SP1に対応しているかを以下のWebサイトでご確認いただき、既にSP1に対応済みの場合はWebサイトに記載されております適用手順に従い、SP1をインストールしてください。

  • SP1の対応状況および適用手順
    NX7700iシリーズ、Express5800/1000シリーズ また、SP1の適用の際、ソフトウェアにも影響が出る可能性がありますので、事前に以下のWebサイトで対応状況や対処方法などをご確認ください。

  • ソフトウェアのSP1の対応状況および適用手順
    Windows関連ソフトウェア - Windows OS新製品およびSP対応情報
    • お使いのシステムがSP1にまだ対応していない場合は、以下のBに従い対処をお願い致します。

B) 7月26日までにSP1の適用が困難な場合

1) AU機能の設定を確認してください。
「コントロールパネル」の「自動更新」の設定を確認してください。
【参考】出荷時の設定(2005/7/8現在)

  • 「更新を自動的にダウンロードして、インストールの準備ができたら通知する」

2) 1)の確認において、AU機能の設定が、 「更新を自動的にダウンロードして、準備ができたら通知する」 または 「更新を自動的にダウンロードして、指定したスケジュールでインストールする」になっている場合、以下a)、b)のいずれかの方法で対処してください。

  • a) SP1が自動ダウンロードされないようにする
  • 万が一の操作ミスを防ぐため、7/26までに以下のいずれかの方法でSP1がダウンロードされることを未然に防いでください。
    (方法1) AU機能の設定を変更する
    「コントロールパネル」の「自動更新」により、設定変更ができます。ただし、「自動更新」を「無効」にする場合は、他の更新プログラムも自動更新できなくなりますので、ご注意ください。
    (方法2) SP1の「Blocker Toolkit」を適用する
    「Blocker Toolkit」によりSP1の自動ダウンロードを一時的にブロックします。Blocker Toolkitは、以下のサイトからダウンロードしてください。
    このツールは、SP以外の更新プログラムはブロックしないため、セキュリティ上有効ですが、Windows Updateに直接アクセスしたり、Software Update Serviceを使っている等の場合には、ブロック出来ないケースがございますので、ご注意ください。

  • b)自動ダウンロードされた際に、誤ってSP1を適用しないよう注意する
    自動ダウンロードされた後、バルーンもしくはセットアップウィザードが表示されますので、キャンセルボタンや×ボタンを押すか、無視する等して、SP1の適用を回避してください。
    誤ってSP1を適用してしまった場合は、以下を参照して対処ください。

誤ってSP1を適用してしまった場合の対処方法

Windows Server 2003 ServicePack1が適用されている状態では、Windows Server 2003 ServicePack1差分モジュールを適用することができません。
次の手順で一旦、Windows Server 2003 ServicePack1を削除して下さい。

  • 〔コントロールパネル〕の〔プログラムの追加と削除〕より、「Windows Server 2003 ServicePack1」の〔削除〕をクリックし、削除を実行してください。
  • 削除が完了した後、インストール手順に従って、差分モジュール及び「Windows Server 2003 ServicePack1」を適用してください。

関連情報

マイクロソフト社のSP1自動更新の開始に関する情報

8番街 テクニカルインフォメーション

「自動更新」機能のヘルプ

Windows Server 2003にで、以下の方法で辿れます
「コントロールパネル」→「自動更新」→「自動更新に関するヘルプ」

「自動更新」機能(AU機能)に関する情報

以上

ページの先頭へ戻る