ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. NX7700iシリーズ
  5. 製品ラインアップ
  6. 8010B-16
  7. 対応OS
ここから本文です。

8010B-16

8010B-16

インテル® Itanium® プロセッサー9500製品ファミリーを最大2プロセッサー/16コア搭載可能。高性能・高可用性をコンパクトに凝縮したエントリー・ブレードモデルで、UNIXシステムのサーバ統合などに最適です。
最大2プロセッサ/16コア

HP-UX11i v3

HP-UX11i v3は、ミッションクリティカルシステムで多くの実績のあるPA-RISC対応HP-UX11iのソースコードをベースに機能を拡張し、インテル® Itanium®プロセッサー向けに最適化した最新バージョンです。
可用性、信頼性、柔軟性を強化し、高度なシステム管理機能、相互運用性の実現に加え、市場への出荷から10年を超える長期サポートを提供。システムの安心と快適な運用を支えるさまざまな機能により、NX7700 iシリーズの高性能・高信頼を支え、最適なオペレーティング環境を提供します。

高度なセキュリティ

HP-UX11i v3は高度なセキュリティ機能を備えており、システムを不正利用から保護することが可能です。

  • 米国防省C2セキュリティ要件に準拠(トラステッド・モード)しています。
  • システム監査機能により、セキュリティ関連イベントログ管理を実施することで、許可されていないイベントを阻止します。
  • ファイルアクセス制御に対する柔軟性を向上させる、アクセスコントロールリスト機能を整備。
  • 拡張されたパスワード管理機能(トラステッド・モード)により、米国防省C2のガイドラインを上回る信頼性の高いユーザ認証機能、スーパーユーザだけが利用可能な暗号化されたパスワード・データベース、一定期間を経過したパスワードの強制変更機能を提供します。
  • システム管理者によって、特定のユーザがシステムをアクセスできる日時、アクセスの受付可能なログイン場所を指定する、ログオン制限機能(トラステッド・モード)を提供します。
  • 不正アクセスを監視するホストベースの侵入検知システム(IDS)をサポートします。
  • 事前に定義されたセキュリティオプション(Install Time Security)が提供されています。OSインストール直後から優れたセキュリティ下でのシステム運用が可能です。

容易なシステム管理機能

HP-UX11i v3はシングルサーバシステムと複雑なネットワークシステムのいずれも容易に管理できるように設定されており、所有コストの削減とシステム管理者の生産性向上に貢献します。

  • System Administoration Manager(SAM)によるシステム構成、ファイル管理が可能です。
  • Workload Managerにより、システム上で稼働しているアプリケーションごとのリソース配分を最適化することが可能です。
  • Ignite-UXやService control Manager、Partition Managerなど、管理機能を強化し、複雑な管理から解放します。

ハイアベイラビリティ機能

HP-UX11i v3は高品質の確保とともに、システムの可用性を一層高めるための機能を搭載しています。

  • ハードウェア機能に応じて、PCI、I/Oカードをシステム・リブートなしにオンラインで追加・交換(OLAR)を可能とし、OSレベルの可用性を向上させます。
  • OSの最適化に必要なカーネルパラメータの調整を、システムリブートなしに動的に変更する機能を提供します。
  • ロジカル・ボリューム・マネージャ(LVM)により、高いシステム可用性を提供します。データディスクだけではなく、ルートディスクもミラーリングが可能で、さらにディスクとシステム間のI/Oパスの冗長化により、障害時には自動的にパスの切り替えが可能となります。
  • プロセッサの動的割り当て削除(DPR)機能やメモリ動的割り当て削除(DMR)機能を提供します。システムをリブートすることなく、障害のあるプロセッサを使用不可にしたり、障害の発生したメモリへの割り当てを削除して、データの損傷やダウンタイムを防ぎます。

柔軟なシステム構成と将来性を約束する、スケーラビリティ機能を提供

HP-UX11i v3は部門サーバからミッションクリティカルシステムまで、幅広く対応できるスケーラビリティとパワフルな処理能力を備え、さらにOLTPやバッチ処理でも高い威力を発揮するよう設計されています。

  • ハードウェア機能に応じて、単体サーバシステム(単一筐体内)上で複数パーティションを実現します。ひとつの筐体で複数のOSイメージを持つことができるので、システムコンソリデーションなどにより、運用コストの削減が実現できます。
  • プロセスごとに最大16TBまでのデータ空間をアドレッシング可能で、大規模なアプリケーション及びデータセットを処理することができます。
  • 2TBのローカル・ファイル及び、ネットワークファイルのサポートにより、スケーラビリティを向上させることができます。
  • バッファ・キャッシュがダイナミックに調整され、アプリケーションの最大性能を引き出します。
  • メモリ・マップド・ファイル(MMF)により、POSIX及びOSF AES準拠のmmap()コールによるアプリケーションからの高速ファイルアクセスを実現します。

Windows、Linux環境との優れた親和性

HP-UX11i v3は、Windows及びLinuxとの親和性を備えています。

  • Windows環境との互換ファイルシステムCIFS(Common Internet Files system)をサポートしています。
  • Java最適化ツール、J Meter、J Config、J PatchなどのJavaアプリケーション展開用の統合ツールにより、Linux / Windowsに対応した最高水準の互換性を提供します。
  • Linux Porting kitで提供される最新のLinux API及びコンパイラツールによって、LinuxベースのアプリケーションをHP-UXへ容易に移行することが可能です。

ページの先頭へ戻る