ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. ネットワーク機器
  4. 通信事業者向け
  5. ブロードバンドネットワーク
  6. XTMシリーズ
ここから本文です。

マルチサービス光トランスポートシステム XTM シリーズ

特長

DWDM -大容量デマンド向き

大容量デマンドに対しては、DWDM技術を用いて対応することが可能です。

  • 波長数のスケーラビリティーが必要:波長間隔50GHzで80波伝送を実現
  • 波長あたりで大容量が必要:最大100Gbpsのビットレートに対応
  • 長距離伝送や高損失ファイバ対応が必要:光アンプ使用で高ロスバジェットに対応

XTMシリーズのDWDMアプリケーションには、2つのネットワーキングコンセプトがあります。

  1. アンプなし・一心ファイバ構成・光Add/Dropフィルタを使用。
    トラフィックパターンが動的で大小アクセスノードが混在するメトロ・アクセスネットワークに最適。
  2. アンプあり・二心ファイバ構成・光多重分離ユニット使用。
    複数のラインアンプを用いることにより、1000kmまでの長距離ネットワークを実現。中継アンプノードは、パッシブなAdd/DropフィルタまたはROADM技術を用いることにより、中間OADMノードとして構成することも可能。

また、iWDM™技術を用いることにより、一心・二心のいずれの構成でも、同一ファイバ上にDWDMとCWDMを併存させたネットワークを構築することができます。

CWDM -小容量デマンド向き

トラフィックを運ぶユニットの多くは、プラガブルな光モジュールを搭載しており、CWDM/DWDMいずれのアプリケーションにも使用できます。高ビットレートのトラフィックでも、SFP/SFP+を用いてCWDMネットワークを通すことができ、1270nmから1610nmの範囲の波長を使って16チャネルまでのCWDM伝送が可能です。

XTMシリーズのiWDM™コンセプトでは、最大10Gbpsの伝送レートでCWDM伝送を行うことができ、コスト効率の良いCWDMソリューションを提供します。

XTMシリーズのCWDMアプリケーションには、2つのネットワーキングコンセプトがあります。

  1. 一心ファイバ構成
    ポイントツーポイント・バス・リング各ネットワーク構成においてファイバインフラを最も柔軟かつ効率的に活用できます。
  2. 二心ファイバ構成
    80チャネルDWDMシステムと容易に組み合わせることのできる、強力なCWDMソリューションです。アンプを含むDWDMシステムとも組み合わせることができます。

光パケット技術

XTMシリーズの光パケット技術を用いたソリューションは、以下の特長を有しています。 

  • 高密度実装
  • 低消費電力

装置の実装スペースや消費電力に制限あるようなサイトへの設置は高密度であること、低消費電力であることは必須です。XTMシリーズは1Gb/sあたり約0.17Wの消費で、レイヤ2/2.5の1RUあたりスイッチング容量:400Gb/sまでサポートします。

  • OTN収容

ロングホールコアネットワークへのアグリゲーションは、OTNのようなキャリアグレード技術がメトロネットワークに要求されます。XTMシリーズはOTN収容の機能を以って、高効率なサービス収容ができます。

  • アプリケーション最適化

XTMシリーズはその構成によって様々な展開シナリオに当てはめることができます。
 -低遅延、低ジッタ、優れた同期性能…IEEE 1588v2 (TC)対応
 -映像切替/伝送アプリケーション…IGMPv3対応
 -優れたサービスサポート…CE2.0準拠、E-LAN,E-Line,E-tree,E-Access対応
 -ルーターの負荷軽減構成…MPLS-TPによるEnd-to-End管理、ルート最適化
 -シンプルなサービス展開…Smart-SFP(intelligent SFP : iSFP™)によるレガシー収容

  • End-to-End管理

XTMシリーズのNMSであるDNA-M(Digital Networking Administrator-Metro)で、回線のEnd-to-End管理が可能。シンプルなレイヤ0/1トランスポートネットワークから、複雑なパケットオプティカルネットワークまで、様々なネットワークに対応可能。
 -アラーム
 -イベント通知
 -PM履歴
 -インベントリ など
レイヤ横断的な管理で、障害発生時の切り分け時間も短縮可能。

  • SDN対応

OpenFlowに対応。パケットオプティカルネットワークのSDNによる制御が可能。

Digital Networking Administrator-Metro

複雑で大規模なネットワークに対しては、ネットワーク管理ソフトウェア「Digital Networking Administrator-Metro(DNA-M)」でネットワークを一括管理することができます。これはクライアント・サーバ構成のソリューションで、NE数に応じてWindows, Linux それぞれのOSに対応したソフトウェアを提供することができます。

DNA-Mを用いることにより、アラーム収集、回線単位の性能管理、構成管理、セキュリティー管理、ソフトウェアアップグレード、GUIなどによる全体的なネットワーク管理が実現できます。オプションとして、SMSまたは電子メールによるアラーム通知を行うことも可能です。 XTMシリーズでは、標準化された管理プロトコルであるSNMPをサポートしており、他の上位管理システムへの統合も容易に行うことができます。

監視イメージ

DNA-M(ネットワーク監視・制御端末)監視イメージ

ENM(Webベース管理マネージャ)監視イメージ

さらにエンドツーエンド(E2E)の管理へ

コア、メトロ、アクセスにわたる実際のマルチサービスネットワークにおいては、伝送ソリューションは多様なネットワーク構成要素、有線・無線技術の混在、0層から3層までの全てのネットワークレイヤの相互接続を含んでいます。

インフィネラ社ロゴ

Infinera社のマルチサービス光トランスポート製品は、日本電気株式会社とInfinera社とのグローバルパートナーシップ契約に基づき、日本電気株式会社が販売しています。

ページの先頭へ戻る