セッション2:管理職向け
「強い組織に必要な次世代リーダー育成法」

写真:冨山 和彦氏

講師 冨山 和彦氏
株式会社経営共創基盤 代表取締役CEO
コーディネーター 真田 茂人氏 株式会社レアリゼ 代表取締役社長/
NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会 理事長/
日本選択理論心理学会 港支部支部長

管理者を対象としたセッションIIでは、冨山氏から「強い組織に必要な次世代リーダー育成法」について講演があり、その中で真田氏の進行により、各テーマについて参加者同士や講師と活発にディスカッションが行われました。

講演概要

グローバル化や産業構造の変化など、企業各社は事業の大きな転換期に直面しています。このような環境下において、継続的に企業が勝ち続けるためには、強い組織が必要となります。では、「強い組織に必要な条件」とは何でしょうか?

その一つとして、次世代リーダーを継続的に強化・輩出することが挙げられます。厳しい経営環境の中で企業が成長していくために、経営者は意思決定力と実行力(現場力)が求められますが、判断にスピードがなく「意思決定」負けしている現実に直面しています。また、すり合わせやボトムアップではなく、少数精鋭で判断することが必要です。それと、本社からグローバル化しないと対応はできません。

それではその環境から「次世代リーダー育成法」とは、どのように進めていくのでしょうか? 企業再生の修羅場から見えてくるマネジメントリーダーシップの本質は、情と理の衝突に耐え、現実と理念の相克を超えるタフネスと哲学を持ち合わせた、強い人材の育成であり、日本企業の生き残りに関わります。

将来のリーダーは、出世コースに温存するのではなく、あえて厳しい環境の中で育てる必要があります。

会場とのディスカッション

Q:次世代リーダー育成として、カリスマ経営者はどのように考えるのか?

A:結論から言うと創業者の時は強い組織だが、それ以降はだいたい村社会になる。横並びで意思決定ができない大手企業などもある。

Q:経営者を選ぶ時の基準は?

A:候補者は最終責任者、または最高責任者としての自覚が必要。
経営者は、常に他の役員と離れた関係を持ち、客観視することが大事。

 

このページの先頭へ