• NUA WORLDトップ
  • 全NUA
  • 研究会
 

【No.4】クラウドサービス研究会(UF発表有り) 基幹業務から新ビジネスまで多様なニーズに応えるクラウド基盤サービスの研究

対象

・ICT基盤の企画・設計・開発・運用に従事・検討されている方
・最新のクラウド基盤サービスに興味をお持ちの方

日程 隔月に1回、1.5日間の開催です。
開催地は参加メンバーの地区比率に応じて決定します。
タイプ 研究型

申込受付終了

研究会の概要

 クラウド化が進む昨今のICT基盤は、顧客やモノ/コトとの新しい接点(SoE)のデジタル化を通して、新しいビジネスを起こし、さらに基幹システム(SoR)との連携により、効率化と開発サイクルのスピード化が求められます。これらの実現にクラウド基盤サービスは欠かせないものになっておりますが、その際、オンプレミス環境やさまざまなクラウドサービスを適材適所で使うハイブリッドクラウドの活用が重要になってきます。  本研究会では、参加メンバー様が現場で抱えているさまざまな課題や事例・ノウハウ・経験を持ち寄り、お客様のオンプレミスクラウド環境、NECのクラウド基盤サービス(NEC Cloud IaaS・NEC Cloud System)、NEC以外のクラウドサービス(AWS、Azure)など、さまざまなバリエーションを組み合わせることで、基幹業務から新ビジネスまで多様なニーズに応えるクラウド基盤のあるべき姿を研究していきます。

研究会の進め方

まず最初に、参加メンバー様の自社での取り組みや課題を紹介しあう場を設け、参加メンバー様にとって有益な研究テーマを複数設定します。その中から毎回ひとつのテーマを取り上げ、メンバー同士の情報共有やディスカッション、NECからの情報提供などを通じて研究を行います。そして、C&Cユーザーフォーラムでの発表に向け、メンバーで分担して成果をまとめていきます。

検討テーマ例

  • ハイブリッドクラウド環境を支える最新技術・アプリケーション・OSS等の研究
  • 業務特性や規模・セキュリティポリシー毎に最適なハイブリッドクラウド環境の実現
  • 参加メンバー様の取り組み・事例紹介や参加メンバー様工場の見学
  • NECデータセンター(神奈川/神戸)やNEC以外のクラウドサービス(AWS,Azure)等の見学

図

申込受付終了

 

このページの先頭へ