• NUA WORLDトップ
  • 全NUA
  • 研究会
 

【No.3】SDN研究会(UF発表有り) 使えるSDN(Software-Defined Networking)の効果的適用を考える

対象 ・サーバ・NW環境の仮想化、NWセキュリティ強化を推進されている方
・自社のネットワークやデータセンターなどにSDN導入を検討されている方
日程 月1回、1.5日間の開催です。
開催地は参加メンバの勤務地比率に応じて決定します。
タイプ 研究型

申込受付終了

研究会の概要

近年のITシステムは、サーバ仮想化の進展とともにネットワーク仮想化も進み、より柔軟で迅速的な対応が可能なシステム運用を求める動きが広がっています。そのネットワーク仮想化はソフトウェアでネットワークを集中制御できるSDNによって実現でき、SDNを適用したネットワークのNEC導入実績は600システムを優に超えるに至っています。
本研究会では、SDNを実現する方式・製品・運用に関する情報を集め、データセンターや企業網のどこにどのようにSDNを導入すれば効果的かを検討します。

研究会の進め方

メンバ様による自社の課題や問題意識などの報告をいただくとともに、データセンターやNW製品工場の見学、実機デモなどを通じて最新のSDN関連情報を収集し、データセンターや企業網にSDNを適用した場合のICTインフラのあり方や運用について、NEC支援者を交えてディスカッションを行います。その上で、下記のような検討テーマ案の中からメンバの皆さんが興味を持ついくつかのテーマをさらに深く検討を進めていきます。

検討テーマ案

  • データセンターおよび企業網におけるSDN導入のメリットと課題
  • SDNの導入事例の研究:既存網との接続およびマイグレーションの検討
  • Northbound APIの活用とオーケストレーション機能の実現
  • NFVの動向や将来的なSDN導入の方向性と新たな適用領域  など

メンバー様の話し合いから、興味を持つような有益なテーマを取り上げて検討テーマとします。

図:SNDとは?

申込受付終了

 

このページの先頭へ