• NUA WORLDトップ
  • 全NUA
  • 研究会
 

【No.8】ワークスタイル改革研究会新たなコミュニケーション手段を活用し、激変する時代を勝ち抜く企業力向上を実現!

対象
  • オフィス環境を含む新たな企業の情報システム基盤を企画・構築されている方
  • 企業内外における新たなコミュニケーション手段に興味のある方
  • ワークスタイル改革を通じて業務の効率化・高質化と人材の有効活用を目指す方
テーマ 新たなコミュニケーション手段を活用し、激変する時代を勝ち抜く企業力向上を実現!
日程 月1回、1.5日間の開催です。
定員 15名
タイプ 研究型

研究会の概要

ネットワークの進展とクラウドサービスの活用、さらにはBCP対策の重要性など、企業システムを取り巻く環境は大きく変化しています。一方、最近のITとネットワークの進歩により スマートフォンやSNSなどの新たなコミュニケーション手段が次々と出現しています。

このような環境の中で、企業価値を高めてこの激変の時代を勝ち抜くためには、我々のワークスタイル自体も変えていく必要があります。本研究会では、ワークスタイル改革を通じてさら なる業務の効率化・高質化を進め、企業力の向上を目指す方策に関して検討します。

研究会の進め方

メンバーの皆様による自社の課題や問題意識などの報告をいただき、NECが試行するワークスタイル改革や最新オフィスの見学、オフィス関連ソリューションなども紹介した上で、NEC支援者を交えてディスカッションを行います。その上で、下記に示したような検討テーマ案の中からメンバーの皆さんが興味を持ついくつかのテーマに絞り、具体的なワークスタイル改革の 実現性や課題などについて検討を深める予定です。

検討テーマ案

  • ユニファイドコミュニケーション(*1)の効果的な利用シーンと導入に向けた課題
  • フリーアドレス制、ペーパーレスなどを導入した機動力のあるオフィス空間の構築
  • スマートフォンなどの私用端末の業務利用を認めるBYOD(*2)のメリットとリスク
  • 在宅勤務、モバイルワークなどのテレワークがもたらす企業/社会/従業員のメリットと課題
  • ノマドワーキング(*3)の実現に向けて求められるコミュニケーション手段への要件  など

メンバーの話し合いの中で、上記以外でも皆さんが興味を持つような有益なテーマを取り上げて活動していきます。

図:ワークスタイル改善

*1 ユニファイドコミュニケーション: 電話・メール・テレビ会議・インスタントメッセージなど様々なツールを統合し、状況に合わせた効率的なコミュニケーションを実現する仕組み

*2 BYOD(Bring Your Own Device): 社員が個人で所有するスマートフォンやタブレット端末などの業務活用を促進する考え方

*3 ノマドワーキング: 英語の nomad が意味する「遊牧民」のように、IT とネットワークを駆使してオフィスに限らず様々な場所で仕事をする新しいワークスタイル


 

このページの先頭へ