• NUA WORLDトップ
  • 全NUA
  • 研究会
 

【No.7】データベース研究会 ビッグデータの活用方法を含むデータベース全般に対する課題研究

対象
  • データベースに興味のある方
  • データベースに対して課題を抱えている方
  • データ活用に興味のある方
  • データベースの設計や運用・管理をされている方
  • 情報システム関連部門、開発部門、運用部門、企画部門の方
テーマ ビッグデータの活用方法を含むデータベース全般に対する課題研究
日程 月1回、1.5日間の開催です。
定員 15名
タイプ 研究型

研究会の概要

販売データや顧客情報、各種センサーにより収集されたログ情報など、企業で有効活用したいデータは日々増え続けています。このビッグデータ時代の到来により、企業では、これらデータをいかにタイムリに収集し、価値ある情報に加工できるかが課題となっています。この課題を解決すべく、データベース領域では従来技術に加え、高速性やスケーラビリティに優れたメモリデータベースやNoSQL/NewSQLといった新たなデータベースが注目され、実際に導入され始めています。

本研究会では、「RDBとNoSQL/NewSQLの適用領域の比較」、「ビッグデータを上手に活用する適切なデータ収集方法」など、データベースに関することからデータそのものまで、活用方法・運用方法・設計方法について幅広く研究します。

InfoFrame Relational Storeの概要【関連キーワード】

  • ビッグデータ
  • NewSQL
  • NoSQL
  • Hadoop
  • インメモリDB
  • カラムストアDB
  • リアルタイム処理

研究会の進め方

異なる環境、業種のメンバー同士の話し合いの中で、メンバーにとって有益な研究テーマを絞り込み活動していきます。テーマ決定後は、メンバー同士の情報交換や技術交流、NECからの情報提供を通して、研究を行います。実際にサーバマシンを使用した検証も可能です。
NEC製品の インメモリカラムストアDB製品であるInfoFrame DataBoosterや、NewSQL製品であるInfoFrame Relational Store(IRS)などを用意していますので、研究内容に応じて提供します。

過去検討テーマ例

InfoFrame Relational Storeの概要「はじめてのNoSQL〜もうひとつのデータベースのかたち〜」(2011年度)
NoSQLの初心者が集まり、NoSQLとRDBのメリット
デメリットから、活用方法・利用シーンを検討。今後の
可能性を提案した。


「HadoopとインメモリカラムストアDBのエンター
プライズ活用への可能性!」(2012年度)

情報爆発により社内外に蓄積された『ビッグデータ』を 
扱うための技術を調査。構築の容易さ・性能・導入効果
を検証した。


 

このページの先頭へ