• NUA WORLDトップ
  • 全NUA
  • 研究会
 

【No.3】SDN研究会ネットワークの仮想化を実現するSDN(Software-Defined Networking)!
どう使いこなせばいいのか?

対象
  • ネットワークの仮想化などを実現する最新のSDN動向に興味のある方
  • 自社のネットワークやデータセンターにOpenFlowやSDNの導入を検討されている方
テーマ ネットワークの仮想化を実現するSDN(Software-Defined Networking)!
どう使いこなせばいいのか?
日程 月1回、1.5日間の開催です。
定員 15名
タイプ 研究型

研究会の概要

データセンターや企業内などにおけるITシステムでは、サーバの仮想化による運用が進んでいます。さらに最近では、サーバだけでなくネットワークまで含めて仮想化を進め、より柔軟で効率的なシステム運用を求める動きが広がっています。ネットワークの仮想化については、多くのベンダなどからソフトウェアで集中制御するSDN(Software-Defined Networking)の構想が発表されています。

本研究会では、現在SDNの主流となっているOpenFlowをはじめとする様々な方式・製品に関する情報を集め、それぞれの特徴とデータセンターや企業網の構成・運用形態に応じて、どのようにSDNを導入すれば効果的か、その課題は何かについて検討します。

研究会の進め方

メンバーの皆様による自社の課題や問題意識などの報告をいただくとともに、最新のSDN関連情報を収集し、データセンターや企業網にSDNを導入した場合のITインフラのあり方や運用形態などについて、NEC支援者を交えてディスカッションを行います。その上で、下記に示したような検討テーマ案の中からメンバーの皆さんが興味を持ついくつかのテーマについては、さらにより深く検討を進める予定です。

検討テーマ案

  • SDNの基本的なアーキテクチャと様々な実現方式の比較
  • OpenFlowのしくみとホップバイホップ方式、オーバレイ方式の特徴
  • データセンターおよび企業網におけるSDN導入メリットと課題
  • 将来的なSDN導入の方向性と新たな適用領域 など

具体的な検討テーマについては、ご応募いただいたメンバー同士の話し合いの中で、さらなる詳細なテーマや、上記以外でも皆さんが興味を持つような有益なテーマを取り上げて活動していきます。

図:ネットワークの仮想化

 

このページの先頭へ