• NUA WORLDトップ
  • 全NUA
  • 研究会
 

【No.2】運用管理研究会(研究型、定員10名) 〜ICTシステム運用の効率化と競争力向上を解く〜

対象 次の業務に意欲的に関わる実務メンバーやリーダ、または管理職
  • ICTシステムの企画や設計、または開発をされている方
  • ICTシステムをセンターやオフィスに構築、または運用をされている方
*なお、自社の事例やノウハウを紹介していただける方が対象です。
日程 月1回、1.5日間の開催です。

研究会の概要

現在、企業内に多くのICTシステムが導入・運用されています。ICTシステムの停止による影響は、復旧にかかるコストだけではなく、ビジネス機会の損失や顧客への信頼失墜にまで及び、「企業活動の停止」に直結しています。一方で、複雑化し、増え続けるICTシステムに対応できるエンジニアも限られることから、ICT投資の多くは「システムの維持」に費やされ、企業競争力を高める「戦略投資」が進まない現状も浮き彫りになっています。

本研究会では、ICTシステム運用の現場が抱えている様々な課題を、参加メンバー様の自社事例や持ち寄ったノウハウを積極的に提供し、話し合うことで解決策を見出します。

研究会のすすめ方

参加メンバー様の意見、各社の事例、業界や世間の動向などを基に、幾つもの課題や旬なテーマを短期完結型で解決してきます。主な流れは次の通りです。

  • 課題解決したい検討テーマを、参加メンバー様の希望から優先度を加味して選出
  • NECから技術動向、関連基準、製品の紹介や、活用事例施設やショールームなどの見学
  • 各社の事例や考え方、ノウハウを提供いただき、メンバー様間で共有
  • 問題解決法を基にした意見交換から、真の問題点・課題を洗い出し、解決策を検討

アジェンダ案 — 1テーマに対し、1回から複数回で実施

アジェンダ
検討テーマの主旨と内容(ゴール)の設定
NECからの情報提供/関連施設への見学(適切な施設がある場合)
各社の事例の提供とノウハウなどのメンバー様間の共有
問題解決法を基にしたメンバー様全員の意見交換で解決策の検討
まとめ/次回検討テーマと内容(ゴール)の確認

検討テーマ例(実績)

本研究会では、過去数年で次のようなテーマの解決に取り組みました。

  • クラウドサービスや仮想化を活用した、効率化・コスト削減を実現する運用法
  • グローバル進出に最適なICT基盤構築に向けた、最新技術動向や事例の調査
  • 実証試験を用いたICTシステムの監視項目の効率化
  • ICTシステム運用管理の"あるべき姿"への改革
    • 運用管理業務の属人化解消と、効率的・効果的な引き継ぎ方法の立て方
    • 障害対策(バックアップやクラスタリングなど)の最新技術調査
    • 災害対策(計画停電や電力削減含む)の現実解の考察
 

このページの先頭へ