• NUA WORLDトップ
  • 全NUA
  • 研究会
 

【No.3】セキュリティ研究会(課題討議型、定員10名) 情報セキュリティのあり方を考える

対象
  • 情報セキュリティ対策の企画や運用・管理の取りまとめをされている方
  • 具体的には情報システム関連部門、ネットワーク関連部門、コンプライアンス推進部門、リスク統括部門、経営企画部門の方を想定しています
日程 月1回、半日の開催です。

研究会の概要

企業における情報セキュリティはネットワーク・サーバ・端末など多様な領域での対策が必要となります。そして、各領域の中にも設計や開発で対応するもの、運用で対応するもの、セキュリティ製品導入で対応するものなど、様々な種類の情報セキュリティが存在します。
さらに、それぞれの企業では重要視するセキュリティリスクや準拠すべきコンプライアンス要件等によりセキュリティ対策の優先度や投資判断が異なります。
このように、情報セキュリティは各社ごとに「あり方・考え方」が異なるため、複数の企業に共通した情報セキュリティを求めることは難しい面があります。しかしながら、異なる業種・業態の企業が一堂に会して一つのテーマについて議論することで、これまで気付くことが出来なかったセキュリティに対する新たな見方や運用面での工夫などを得ることが出来ます。

研究会のすすめ方

当研究会では一つのテーマについての検討を1回ないし2回の研究会で完結させ、年間に7つ程度のテーマを取り上げます。各回研究会の進め方としては、最初にNEC自身の取組みやソリューション・技術紹介等の情報提供を行い、次にメンバーの皆様から課題として認識されていることや自社の取り組み等について報告を頂き、最後にディスカッションを行います。当研究会ではこのような進め方を行うことで、各回研究会の終了後にはメンバー企業で研究結果をすぐに活用できる即効型の研究会にしたいと考えております。

アジェンダ案

日程 アジェンダ 所要時間
1日目
13:15

17:45
検討テーマの確認 15分
NECからの情報提供 1時間
メンバー企業の取り組み等の情報交換 1時間
テーマについてのディスカション 1時間30分
まとめ 15分

検討テーマ案

メンバーの話し合いの中で、以下のテーマやその他の有益なテーマを絞り込み活動していきます。

  • 事業継続に係るリスクとその対策
  • インターネット活用業務におけるセキュリティ
  • 海外事業展開に伴うセキュリティ
  • 企業間取引(サプライチェーン)におけるセキュリティ

(ご参考)過去の検討テーマ

  • クライアント端末からの情報漏えい対策
  • ログ管理のあり方
  • スマートフォン利用時のセキュリティとリモートアクセスに係るセキュリティ
  • クラウドサービス利用時のセキュリティと仮想化技術に係るセキュリティ
 

このページの先頭へ