NUA WORLDトップ > 全NUA > 研究会 > 【NO.2】運用管理研究会
研究会
【No.2】運用管理業務の事例研究〜安定稼動に向けたシステム運用の課題解決〜
運用管理研究会(課題討議型、定員10名)

対象
・下記の業務に関わる実務メンバー〜リーダ、管理職の方
−ITシステムを企画/設計し、システム開発をされる方
−ITシステムをセンターやオフィスに導入/展開および運用される方
*本研究会は課題討議型ですので、自社の事例発表をしていただける方が対象です。
日程 月1回、2日間の開催です


1. 研究会の概要
現在、多くの企業でITシステムが導入・運用されています。ITシステムの停止による影響は、復旧にかかるコストだけではなく、ビジネス機会の損失や顧客への信頼失墜にまで及び、「企業活動の停止」に直結しています。
一方で、IT投資の半分以上はIT運用コストに費やされ、企業競争力を強化する戦略投資に活用できないという現状も浮き彫りになっています。また、複雑化し、増え続けるITシステムに対応できるエンジニアも限られ、システム運用の現場からは、様々な課題が挙がっています。
本研究会では、メンバー同士が情報交換(ディスカッション)を行いながら、システム運用の現場の方が抱えている課題の解決を図ります。また、適宜NECから事例、技術動向、関連基準、製品等の紹介を行います。

2. 研究会の進め方
メンバーからの事例紹介を題材に各回完結型で次のように進めます。
  • メンバーが希望するテーマを設定(1会合で1メンバー)
  • 当番となったメンバーにテーマの事例を準備していただき、研究会で紹介
  • 紹介いただいた事例に対し、メンバー全員でディスカッションを行い、真の問題点・真の課題を洗い出し、解決策を検討

<アジェンダ案>
日程 アジェンダ 所要時間
1日目 今回のテーマの主旨と検討内容(ゴール)の確認 30分
NECからの情報提供 1時間
事例紹介 1時間
各社の状況説明 2時間
2日目 ディスカッション 4時間
まとめ 1時間
次回テーマと検討内容の確認 30分

3. 検討テーマ案
平成22年度は下記のテーマで検討を行いました。テーマについてはメンバーにて具体的に決定します。
  • 運用管理マネジメントを改善する、開発・運用の手順プロセス方法について
  • 運用業務効率化などによるシステム運用品質向上の取り組みについて
  • 運用の工夫・ノウハウの共有など、運用管理者のモチベーション向上について 他



pagetop