海外研修

第54回海外研修(米国)レポート

研修テーマ 米国の今!を知り、イノベーションの潮流を探る
〜BigData時代の最新ICT・経済・産業動向を体感する〜
研修期間 平成25年10月11日(金)〜10月19日(土)[9日間]
訪問国(都市) 米国(ニューヨーク、ボストン)
研修コース 成田 → ニューヨーク → ボストン→成田
研修内容 セミナー、企業視察

写真:MITメディアラボにて

第54回海外研修を終えて  団長 三輪 昭尚(株式会社 大林組)

写真:三輪 昭尚

全NEC C&Cシステムユーザー会の海外研修は、「米国の今!を知り、イノベーションの潮流を探る〜BigData時代の最新ICT・経済・産業動向を体感する〜」をテーマに開催いたしました。内容としては、米国東海岸の企業・研究機関の視察及び市内視察を中心にプログラムを組み、米国の先進的な考え方および文化を体感できる研修となりました。

今回訪問したニューヨーク・ボストンですが、世界の経済・金融をリードし、また、商業や高等教育、文化、エンターテイメント、ファッションなどの様々な分野にも、多大な影響を与えています。

最初のニューヨークでは、NEC北米研究所の佐藤ディレクターから、米国の最新ICT事情を中心にビッグデータやクラウド、モバイルなどの最新動向とケーススタディを興味深く聞きました。次に、最新の流通、物流業界の現状や展望として、全米に展開する食料品スーパーマーケットや世界に展開するショッピングセンターを視察しました。また、ニューヨーク植物園では、歴史的建造物に触れながら、米国の植物から見る自然環境への取り組みを見学しました。そして、CITIBANKでは、世界でも有数の金融大手として、金融サービスの話を聞くことができました。

次のボストンでは、新しいエネルギーとして注目されているシェールガスにおいて、豊富な埋蔵量を有する米国の動向と世界に向けた将来像と課題について聴講しました。そして、マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究機関であるMITメディアラボで、新たなユーザーインターフェースであるTangible Mediaなどの最先端の研究を聞きました。そして最後に、ワールドシリーズで優勝し、上原投手の活躍が記憶に新しい、ボストン・レッドソックスでは、マーケティングを中心としたプロモーションなどの取り組みの話を聞くことができました。

今回の研修は、9日間で二都市という行程で、時間的余裕を持ってそれぞれのセミナーを受講し、見学をすることが出来ました。フリーの時間を有効的に使って参加された方々も、それぞれ北米の文化などにも触れられたと思います。今回、参加人数が12名ということで、近年では非常に少ないメンバー数で当初は寂しく感じましたが、全員の名前と顔が一致しかつ逆に連帯感が強まり、業種・業態・世代を超えて皆さんとの交流を深められたことが大変良い想い出となりました。

最後になりますが、第54回全NUA海外研修が、メンバー全員無事故で初期の目的を達成し、予想以上の成果によって成功裏に終えることができましたのは、参加メンバー各位のご協力と、関係者のご尽力の賜物です。この場をお借りして、心より御礼申し上げます。

訪問先

■NEC北米研究所 (http://www.nec-labs.com/)

■ホール・フーズ・マーケット (http://www.wholefoodsmarket.com/)

■ニューヨーク植物園 (http://www.nybg.org/)

■CITI BANK (https://online.citi.com/US/Welcome.c)

■NASDAQ (http://www.nasdaq.com/)

■(講演)シェールガスの将来と問題点

■MITメディアラボ (http://www.media.mit.edu/)

■Boston Red Sox社 (http://boston.redsox.mlb.com/)

過去の海外研修レポート

 

このページの先頭へ