代理店とのセキュアなネットワーク構築事例
(PDF文書,1,281KB)


1. 背景と目的
当社は、代理店、会社の業務効率化と営業力強化のため、97年よりエクストラネット(代理店MS1)の活用と機能拡充を行ってきた。
代理店MS1は、@保険最新情報提供A契約事務B顧客契約管理C販売計画・分析Dホームページ作成等、代理店経営を支援する機能全般を搭載し、03年3月現在、当社売上の90%をカバーする約40,000代理店が利用する業界最大規模のエクストラネットである。
この機能を高度活用し更なる効果を得るためには、従来のPULL型機能に加え、PUSH型、かつ個別受発信機能を持ったシステムが必要となった。@代理店と会社のスピーディな情報共有による顧客対応力強化(CS向上)A強固なセキュリティ確保(顧客情報保護)BOneToOne情報配信(照会業務削減)の要件を満たし、低コストで効率的かつ短期間で結果を出すために、会社グループウェアを代理店まで拡大する選択を行った。
金融業界は高度なセキュリティが要求され、当社も情報セキュリティポリシーで顧客情報等の重要データをそのままインターネットで通信することを禁止しており、保険契約を取り扱う代理店とのメールも例外ではない。
本機能は03年2月に本格展開を開始し、2ヶ月で約15,000代理店が利用しており、短期間で定着させることができた。
本論文では、フィージビリティスタディから、パイロット展開を経て本格展開に至るまでの工夫点及び成果を中心に論じていく。

2.システムの概要
代理店MS1や社内メールシステムとシームレスな連係を行うことで極力、システム管理の手間を省くよう配慮した。また、お客さまへのサービス拡大をも見据えた構成としている。
ハードウェア構成
別紙参照
ソフトウェア開発
StarOffice21WEBアクセスforベースをカスタマイズ。代理店MS1との認証連携や、社員・代理店宛先の自動メンテナンス機能の他、代理店MS1未接続代理店への情報伝達手段としてFAX配信機能も新たに開発した。

3. キーポイント
1) 会社グループウェアを代理店まで拡大しユーザビリティを向上
・未読/既読状況を把握できる仕組みを提供(情報伝達の確実性確保)
・宛先リストは、当該代理店を担当する営業課支社、事故サービスセンターの社員アドレスを自動登録(代理店の事前準備不要)
・会社グループウェアと極力画面構成を統一(教育・操作指導の効率化)
2) 強固なセキュリティを確保
・代理店MS1で利用している自社CA局発行の電子証明書認証とSSLによるデータ暗号
3) 代理店MS1基盤をベースに開発
・代理店MS1基盤で保有の代理店プロフィール情報をフル活用(メンテナンス効率化)
・1代理店へ複数のID発行や、お客様へのサービス拡大を見据えたシステム構造(拡張性)
・基幹システムと連携し代理店単位の重要情報をリアルタイムに発信(高度な営業支援)
4) メールFAX一括送信システムの開発
・代理店MS1を利用していない代理店層の業務効率化策としてFAX配信機能を開発
・1オペレーションで、メールとFAX自動振り分け機能の開発

4. スケジュール
02.03〜 :基礎検討開始。計4社のメールシステム機能・コスト等を比較し業者を選定
02.05〜 :パイロット向け開発(6人月)
02.07〜 :約100店へパイロット展開
02.10〜 :パイロット評価の上、本格展開向け開発(32人月)
03.02〜 :代理店MS1導入の約4万店へ本格展開、2次開発着手

5. 評価と今後の展開
本格展開開始後、5,000店が毎日活用しており、予想以上のスピードで定着している。代理店MS1展開で培ったノウハウと、開発と並行した情宣活動(機能特徴をビジュアルで説明したツールや操作マニュアル、活用促進ノベルティを全代理店・営業課支社へ配布)、全国に配置のシステム専任社員による操作指導やヘルプデスクによるサポート体制を強化したことも早期に活用が定着した要因としてあげられる。
代理店にとって、お客さま向けと当社向けの2つのメールを使い分ける煩わしさが生じ、理解を得るまでに時間を要すると想定していたが、従来できなかった重要情報がやり取りできることや、宛先登録等、事前設定が不要な点が高く評価され好評である。
今後の展開として、まず、代理店・社員から既によせられた拡張要望に着手し、使い勝手を一層向上させる。次に、会社基幹システムとの連携を強化し、従来紙で提供してきた事故経過情報の連絡等を本機能で提供し、利便性向上とペーパレス化を加速させる。また、インターネット経由で会社に寄せられた潜在顧客情報を迅速・確実に配信し、ユビキタスネットワーク化に向け、携帯端末から利用する環境も整えていく。
更に、お客さままでサービスを拡大し、インターネットを活用した契約情報照会や継続手続き、住所変更等の異動手続きと連携し、代理店とお客さまとのコミュニケーションツールに発展させていくことも視野に入れた開発をすすめ、お客さま&代理店&会社を結ぶ業界最先端のネットワーク網を活用し、新たなビジネスモデルを提供していきたい。