Webによるシラバス(授業計画書)登録作成・提供システム
(PDF文書,1045KB)


【要旨】

1 目的と背景
シラバス(授業計画書)とは,授業開始に先立って授業内容を受講者に通知し,履修の選択や履修にあたっての準備に必要な情報を提供するものである.受講者による適切な授業選択と履修効果の向上などを目的として,近年その重要さが指摘され.授業内容について詳細な情報を提供するよう求められている.大学においてシラバスの提供は,重要な学生サービスの1つとなると同時に,労力的に経費的に大きな負担となってきている.また,これまでシラバスは印刷物の形で提供されてきたが,コンピュータネットワークの普及により,より便利で効果的な提供方法として,電子媒体による提供が注目されている.一方,大学開放への要請上も,シラバスの公開が求められており,インターネットによるシラバスの公開は効果的である.
このように現在,シラバスに対して,発行経費の節減と電子化が求められており,本システムはこのような要請に応えることを目的として開発したものである.

2 システムの概要
本システムはシラバスの登録,作成,提供を行うものである.シラバスをデータベースとして管理し,登録・修正作業はWeb上で行い,検索機能によってそのまま電子シラバスとして公開される.さらに印刷用版下データの作成や教科書リストの作成などを行うことができる.システムの構成および運用イメージは次の図のとおりである.シラバス及びその管理に必要なデータを収容するDBを中心とし,Webと連携することによってその管理と運用を行う.システムの主な機能は次のとおりである.
(1) 登録・修正機能
教員によるシラバスの登録および修正のための機能である.学内ネットワークまたはインターネット上からWebブラウザにより使用する
(2) 管理機能
本システムの運用に必要な,カリキュラム,教員マスター,時間割などのデータに対し,追加,変更,削除などの作業を行う機能である.すべてWebブラウザ上から操作できる.
(3) 検索機能
データベース上のシラバスを検索表示する機能である.Webブラウザを使用して検索を行う.
(4) 印刷用版下データ作成機能
登録されたシラバスデータをもとに印刷用版下データを作成する機能である.TeX形式のファイルを作成する.一般的なプリンターを使ってオフセット印刷用の版下原稿を作成することができる.
(5) 教科書リスト作成機能
教科書取り扱い業者へのリストを作成し,コンピュータ可読形式で提供する.

3 キーポイント
(1) シラバス作成工程の省力化
シラバス作成の主工程は,入力(登録),編集,印刷から成る.従来は紙ベースあるいはワープロファイル等で受け付け,編集の後,印刷業者に渡していた.これをブラウザから直接,教員によってデータベースに入力することにより,受付・編集の工程をほぼ自動化することができる.また,組版作業を自動化することができ,印刷業者による組版作業の必要がなくなるので.印刷経費は大幅に削減される.
(2) シラバスの電子化およびネット上での提供と公開

登録時に直接,データベースに入力されるので,電子シラバスはこの時点でほぼ完成する.ネット上での提供も,WebとDBの連携機能により容易に実現することができ,ホームページを介してインターネット上で公開することができる.

4 開発計画
平成12年秋に平成13年度のシラバス作成及び提供を本システムによることを決定した.この決定が11月中旬で,3月上旬にはすべての作業を終える必要があるため,次のような順序でシステムの開発と運用を並行して行った.開発に要した人員は約15人日である.機材とソフトは既存のものを使用した.
(1)仕様の決定と登録・修正・検索・管理機能の開発
(2)登録作業の開始
(3)教科書リスト作成機能および印刷版下作成機能の開発
(4)登録シラバスの編集作業,印刷版下作成作業と印刷発注
(5)印刷版シラバスの配布と電子シラバスの運用

5 評価
本システムの運用により,期待通り,各工程において大きな省力化と経費節減の効果を得ることができた.原稿受付処理・編集,教科書リストの作成,印刷の工程全般に渡って大幅に所要時間が短縮され,最大の経費を要した印刷製本費は50%以下に節減された.また電子シラバスの準備も新たな労力や経費を要することなく実現した. Web技術と汎用のDBMSの採用により,ごく短期間に低コストで,操作性のよいシステムを開発することができた.本システムの運用にあたっては,当初,教員によるシラバスの登録作業が円滑に実施できるかが懸念された.そこでパソコンの操作に不慣れな教員への対応として,従来どおりの紙ベースによる提出も認めた.しかし,操作性を重視して採用したWebブラウザによる入力インタフェースは好評で,大半の教員が本システムによって登録を行うことができた.