NUA WORLDトップ > 全NUA > ユーザー事例論文 > サポートコンテンツ > 論理的な文章の書き方(論文書き方セミナー)
ユーザー事例論文
論理的な文章の書き方(論文書き方セミナー)

ビジネスの現場において文章はなくてはならない手段です。そしてビジネスでは、「分かりやすく論理的な文章」が求められています。この「分かりやすく論理的な文章」を書くためには、いきなり書き始めるのではなく、自分の頭の中で状況を認識し、問題意識を持ち、問題を抽出して構成を行うなど様々な作業が発生します。一見難しそうに見えがちですが、常に頭の中をまとめて論理的な文章を作成できるスキルを持ち備える事ができれば、社内のグループメンバーにも「分かりやすく伝える」文章を作成することができ、上司や取引先を「納得させる」文章作成も可能になります。

では、実際に論理的な文章を書くためにはどうすればよいのでしょうか?本セミナーでは論理的な文章の書き方のポイントを理解していただきながら、実際に演習を通して文章構成のコツや表現方法を習得していただきます。伝えたい事を明確に書けない、文章が長くなりがち、文章作成に時間がかかりすぎるなどのお悩みをお持ちの方はこの機会に受講してみてはいかがでしょうか?

また、毎年開催している『NUA ユーザー事例論文』では、情報システムに関するあらゆる分野で論文を募集しています。執筆を検討している方や実際に執筆を始めようとされている方は、ぜひ本セミナーの受講をお勧め致します。

開催日時 2011年2月15日(火) 13:00〜17:00 (受付開始 12:30)
会場 NEC芝倶楽部 2F 201会議室
*申込者多数のため、会場を変更いたしました。
定員 60名
定員に達しましたのでお申込みを締切りました。多数のお申込みありがとうございました。
参加費 無 料
*NUA会員限定
*定員になり次第締切とさせて頂きます。
申込締切 2011年2月8日(火)
*お申込締切後、詳細案内をお送りします。
教育の狙い 読み手が理解し易い論文作成のポイントを習得する。
  • 論理的な内容構成(メッセージの組立て方)の方法を習得する
  • メッセージの表現方法を理解する
  • 論文の骨子を作成する
プログラム
4時間
時間 内容 詳細
13:00 1. メッセージの組み立て(■★)
  • 1.1 組み立ての準備
    • 何を期待されているのか
      課題整理のフレームワーク
      主題を明確に決定
★自分自身の課題を明確にする
文書を作成するためには、準備が必要であることを理解すると共に、準備できるようになる
準備とは・・・
「読み手」「書き手」「テーマ」「期待する反応」「答え」を明確にする
14:00
  • 1.2 論理的に組み立てる道具(■★)
    • ピラミッドストラクチャー
    • MECE
    • So What?/Why So?
「誰が読んでも同じ意味になる」
「誤解されない」「一度読めば理解できる」
文書を作成するための基本となる「論理構造」を理解する
15:00
  • 【演習】論文骨子の作製(★)
    • 実際に論文を書くことを想定し、自分のテーマで骨子を作成する
 
16:00 2. メッセージの表現(■)
  • 2.1 組み立ての視覚化
  • 2.2 原稿用紙利用のルール
  • 2.3 推敲のときの注意点
文書を作成する際のポイントを確認する
17:00 まとめ 提出する前の注意点 ★研修内容を確認する

研究スタイル    ■:講義、★:個人ワーク

対象 ビジネス文書を書くのが苦手な方
論文作成を検討中の方、または既に書き始めようとしている方
講師 NECラーニング株式会社 マネジメント研修事業部長代理 重野 和栄
問い合わせ先 全NEC C&Cシステムユーザー会事務局 ユーザー事例論文担当
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715
pagetop