NUA WORLDトップ > 全NUA > フレッシュセミナー > 参加者の声/運営委員のコメント
フレッシュセミナー
参加者の声/運営委員のコメント

第17回フレッシュセミナー開催報告
実践!コミュニケーション研修
フレッシュセミナー参加者の声
写真:松野さん松野恵美さん(近畿リサーチセンター)
前々からコミュニケーションスキルをアップしたいと考えていたので参加しました。会社から今回のセミナーのパンフレットをもらって申し込んだのですが、想像していたよりも、ずっと楽しいセミナーでした。
受講中に自分の知らなかった部分に気づかされることも多く、とても役に立ちましたし、大勢の知らない人と仲良くなれたことも有意義でした。
リゾート地で行われたことで普段とは違った気分で参加できましたし、懇親会での盛り上がりなど、良い思い出になりました。こんなに楽しいセミナーならば、ぜひまた参加したいと思います。


写真:南谷さん 南谷成紀さん(エヌティーシステム)
会社では社内コミュニケーションの活発化が奨励されていますし、他社の方々と交流できるということで手を挙げました。
「コンビニ経営ゲーム」で私のチームは倒産しましたが、ゲームを通じて同じチームメンバーや他チームのメンバーとコミュニケーションをポジティブにとり、Win-Winの関係を構築する大切さを学びました。
異業種、他社の方との交流を通じて会社の外を見ることができましたし、皆と仲良くなれたのが大きな収穫です。
このように楽しく参加できる機会をぜひ増やしてほしいと思います。


写真:高木さん高木綾さん(名港海運)
当社からは毎年フレッシュセミナーに誰かが参加していますが、今回は上司の勧めで参加しました。
自分自身は話すのは好きですが、先輩や同僚に果たして、正確に伝えるべきことを伝えているのだろうかと、あらためて考えさせられました。また、「コンビニ経営ゲーム」では、交渉するとき相手のことを考えて交渉する大切さを学びました。良い経営成績をとれたのは、皆がちゃんと話して議論を尽くして戦略を立てたからだと思っていますし、たとえ負けたとしても満足感は得られたと思います。
まったく会社と違う雰囲気のなか、いろいろな人と知り合え、とても刺激になりました。こんなに楽しいと思っていませんでしたので、部長や上司に感謝しています。


運営委員のコメント
武井宏志運営委員長(センコー情報システム) 武井宏志運営委員長(センコー情報システム)
今回のフレッシュセミナーを終え、今感じているのは参加者に“パワーがあった”“若さがあった”ということ。私をはじめ運営委員が引っ張られたという感覚があります。
運営委員は3回の会合を重ね、企画・運営方法を練っていきましたが、「実践!コミュニケーション研修」をテーマに選んだのは、ビジネスパーソンの誰にも必要なスキルを楽しく学べるからでした。
心配していたのは、果たして皆さんが参加してくれるかということでした。幸い60名を超える参加者が集まり、規模的にもちょうど良い人数でした。
フレッシュといっても、入社後1年目から7年目の方々を中心に参加者の年齢は10代から30代まで、会社では上司と部下の関係に相当する幅を持った年齢層ですが、このことがかえって実践に役立つのではないかと思っています。研修時に仲間としてコミュニケーションがとれれば、多くの気づきが得られます。その気づきが、会社に戻ったときに良好な関係構築に役立つのではないかと考えているからです。
参加者の方にも、大いに学び、楽しんでいただきましたが、運営側も心から楽しむことができました。
ぜひ、今後のフレッシュセミナーにも、多くの方に参加していただきたいと思います。


新開晴菜副委員長(ハウスビジネスパートナーズ) 新開晴菜副委員長(ハウスビジネスパートナーズ)
自分もセミナー受講者として楽しく参加しました。委員としての意識は、何かあれば進んでヘルプしようというくらいでしたが、実際には、参加者の皆さんが非常に運営に協力的で、何の心配も要りませんでした。
いろいろな人の話が聞けましたし、特に若い人の話が聞けたことが参考になりました。受講中や懇親会を通じて感じたのは、若い人のノリがとてもよかったこと。それが、フレッシュセミナーが盛り上がった大きな要素だったと思います。
フレッシュセミナーのために開いた準備のための会合は、あまり負担に感じませんでした。それは、事務局がいろいろと手配してくれたからですが、運営委員として参加してはじめて主催者側の気持ち、事務局の苦労もわかりました。
今回のフレッシュセミナーでは、参加者の皆さんに楽しんでいただけたので、運営委員として苦労のしがいもありました。

pagetop