第16回デジタルフォトコンテスト

 

第16回デジタルフォトコンテストにたくさんの応募をいただき、ありがとうございました。
75点の作品の中から一次審査を通過した33点に対してNUA WORLDにて人気投票が行われ、
250名を超える皆様にご投票いただき、各賞が決まりました。受賞された皆様、おめでとうございました。

受賞者 安部 治
地区/企業名 北海道NUA/株式会社あらた
タイトル 年に一度の偶然
撮影地 花川南小学校
撮影日 2015年6月6日
コメント 小学校の運動会に現れた水平環、初めて見ました。
 
受賞者 只石 秀樹
地区/企業名 北海道NUA/株式会社モロオ
タイトル ブルーフィッシング
撮影地 支笏湖
撮影日 2014年4月14日
コメント まだ山には残雪が残る肌寒い早朝、透き通った青い湖面で一人の釣り人が釣りをしている姿がとても印象的で撮影した写真です
 
受賞者 石川 和彦
地区/企業名 関東NUA/MS&ADシステムズ株式会社
タイトル 仲良しの二人
撮影地 羊山公園(埼玉県秩父市)
撮影日 2015/04/19
コメント 芝桜を見に家族で出かけました。少しはなれたところで二人がじゃれ合ってましたので撮影しました。
 
受賞者 清田 秀治
地区/企業名 関東NUA/株式会社ニチベイ
タイトル 潮待ちの町並み
撮影地 広島県呉市豊町御手洗
撮影日 2013年10月12日
コメント 瀬戸内に並ぶ島々のひとつ、大崎下島。当然海も近く、そして高台もあり景色も良くとても気持ちのいい場所です。昔、船乗りたちが良い「潮」がくるまで「潮待ち」する町。
 船宿や茶屋で栄えた町並みの一部が「御手洗町並み保存地区」として現代に残されています。そんな町並みを切り取った一枚。
 
受賞者 三由 豊
地区/企業名 関西NUA/オリックス・レンテック株式会社
タイトル 桜・映え
撮影地 醍醐寺(京都)
撮影日 2015年3月28日
コメント 今年の京都の桜はやや早めに見頃となりました。太閤桜で有名な醍醐寺で、青空を背景に映える桜を、淡く優しく表現しました。
 
受賞者 深川 義章
地区/企業名 関西NUA/住友精密工業株式会社
タイトル 年の差一世紀!
撮影地 奈良県奈良市妻の実家にて
撮影日 2015年3月7日
コメント 今年生まれた0歳児と、去年100歳になったひぃおばあちゃん。
その年の差なんと一世紀!!!
奇跡とも言えるツーショットです。
昔から子供が大好きなのでいつも抱っこしてくれます!
元気な間はずっと見守っていてくださいね。
 
受賞者 廣田 洋一
地区/企業名 関西NUA/ハリマ共和物産株式会社
タイトル 花畑
撮影地 比叡山ガーデンミュージアム
撮影日 2015年6月21日
コメント ちいさい花に虫が集まっていて、その中にテントウムシがいました。人間にとっては小さな花々でも、テントウムシにとっては広い花畑です。
 

デジタルフォトコンテスト特別企画フォトレッスン

写真

かわいすぎる!“モフモフ”動物写真

写真家 松原卓二さん

動物のベストな瞬間をとらえ、その魅力を表現するにはどのように撮影したらよいのでしょうか。
愛くるしい動物写真で知られる松原卓二さんに撮影のコツを伺いました。

詳しくはこちらへ

 
写真

中井精也さんに聞く、「ゆる鉄」の極意

写真家 中井精也さん

鉄道を心から愛し、型にはまらない作品を発表し続ける中井さんのルーツに触れながら、作品に込めた想いや、撮影のポイントを伺いました。

詳しくはこちらへ

 
写真

光と影を
とらえる写真術

写真家 吉村和敏さん

枠に縛られずに数多くの作品を発表してきた人気写真家に写真の魅力を伺うとともに、
写真家の吉村和敏さんにアドバイスをいただきました。

詳しくはこちらへ

 
写真

カメラを持って
旅に出よう

写真家 渡部さとるさん

撮影の最大のチャンスでもある「旅と写真」をテーマに、写真家の渡部さとるさんにお話を伺いました。

詳しくはこちらへ

 
写真

写真はひらめきと
想像力が大切!

写真家 鮫島亜希子さん

写真家の鮫島亜希子さんに、写真の楽しい表現法を伺いました。

詳しくはこちらへ

 
 

デジタルフォトコンテスト「最優秀賞」受賞者インタビュー

写真

第15回

「シャガの咲く頃」

株式会社京都府農協電算センター
前野洋一さん

詳しくはこちらへ

 
写真

第14回

「お手伝い」

株式会社三友
綾目義一さん

詳しくはこちらへ

 
写真

第13回

「森のアイドル」

北海道電力株式会社 
小西英樹さん

詳しくはこちらへ

 
写真

第12回

「真夏の夜の感動」

株式会社ジャネックス
永見 数親さん

詳しくはこちらへ

 
 

これまでの受賞作品

 

このページの先頭へ