NUA WORLD 東北NEC C&Cシステムユーザー会

会合 平成28年度

平成28年度総会

開催日 平成28年4月14日(木) 13:30〜18:15
開場 ホテルメトロポリタン仙台 4階(総会・講演会)/4階(情報交換会)
仙台市青葉区中央1-1-1 TEL:022-268-2525
参加費 NUA会員様 無料
申込締切 平成28年4月5日(火)
概要
総会議事 — 13:30〜14:10
  1. 開会・挨拶
  2. 平成27年度新規会員紹介
  3. 平成27年度事業報告・会計報告
  4. 平成28年度事業計画(案)・事業予算(案)
  5. 全NUA 平成27年度事業報告・平成28年度事業計画
基調講演 — 14:30〜16:00
写真1
テーマ: 2016年 日本経済の行方
〜輝く組織・輝く人は〜
講師: 経済ジャーナリスト・作家
大正大学客員教授
渋谷 和宏 氏

「日経ビジネスアソシエ」創刊編集長。日経ビジネス」発行人。
2014年日経BP退社後独立。執筆活動を行う一方、日本テレビ「シューイチ」のレギュラーコメンテーターとしても活躍中。
最新のビジネス環境の変化を、どう経営に活かしていくのか?
豊富な事例を交え、明るく前向きにお話いいただきます。

<経歴・職歴>

1959年12月8日、横浜生まれ。法政大学経済学部卒業。
1984年4月、日経BP社入社。日経ビジネス編集部にて経済記者として企業戦略、環境問題、マクロ経済などの分野で取材・執筆活動を行う。
1998年3月、日経ビジネス編集副編集長就任。日経ビジネス副編集長としてのデスク業務と並行して、20代〜30代向けの別冊ムック企画を担当。
その経験をもとに、2001年9月から「日経ビジネスアソシエ」開発兼務。2002年4月に「日経ビジネスアソシエ」を創刊し、編集長に就任。
2003年6月「日経ビジネスアソシエ」の刊行を月刊から月2回刊に。
2006年4月18日号では10万部を突破(ABC公査部数)。
2008年1月1日、ベンチャー・サービス局長に就任、日経ベンチャー、日経エコロジーなどの発行人を務める。
2010年1月1日、ビジネス局長に就任、日経ビジネス、日経ビジネスオンライン、日経ビジネスアソシエなどの発行人を務める。
2011年7月1日、統合コンテンツ局長に就任、日経BPネットの発行人などを務める。
2014年4月1日、日経BP社を退社し、独立。

<主な出演番組>
「シューイチ」(日本テレビ、日曜)レギュラーコメンテーター/「いま世界は」(BS朝日、日曜)コメンテーター/
「日本にプラス」(テレ朝チャンネル2)コメンテーター/「渋谷和宏・ヒント」(TBSラジオ日曜)キャスター/
「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月曜)レギュラーコメンテーターなど

<主な著書>
 【情報ミステリー小説】
 「銹色(さびいろ)の警鐘」(中央公論新社/97年「サンデー毎日」国内ミステリーベスト10で2位)
「バーチャル・ドリーム」(中央公論新社)
 「狼の果実」(講談社)
 「罪人(とがびと)の愛」(幻冬舎)
 【経済ノンフィクション】
 「稲盛和夫独占に挑む」(日本経済新聞出版社)
 以上は渋沢和樹のペンネーム
 【青春群像小説】
 「月曜の朝、ぼくたちは」(幻冬舎)/「さよならの週末」(幻冬舎)
 以上は井伏洋介のペンネーム
メーカー講演 — 16:15〜17:00
テーマ: Orchestrating a brighter world“
〜お客様との共創による社会価値創造〜
講師: NEC 執行役員副社長 木下 学
≪概要≫
私たちを取り巻く世界は、人口増大、都市化の進展や高齢化など様々な課題に直面しています。
これら社会的な課題を解決し安全・安心に人々が暮らすための新しい社会のインフラに対するニーズは切実なものになっています。
一方でICTは劇的な進化を続けており、クラウドコンピューティング、ビッグデータの進化に続く新たな変化が、IoTやAIという形で拡がりつつあります。
本講演では、こうした社会やICTの大きなトレンドを踏まえて様々な領域でお客様とともに新しい価値の創出に取り組んでいるNECの社会ソリューション事業の具体例をご紹介いたします。
情報交換会 — 17:10〜18:15
問い合わせ先 東北NUA事務局 緑上・土井
TEL:022-267-8762 FAX:022-267-8763

このページの先頭へ