NUA WORLD 東北NEC C&Cシステムユーザー会

会合 平成27年度

山形例会
夢からビジネスへ −先端技術の実証研究拠点−
山形大学 有機エレクトロニクスイノベーションセンター 事例紹介・施設見学

開催日時 2016年2月3日(水) 10:00集合〜17:00頃解散
※昼食付
場所 有機エレクトロニクスイノベーションセンター(山形県米沢市)
集合・解散 JR山形駅 (貸切バスにて移動)
※集合場所の詳細につきましては別途ご連絡させていただきます。
定員 30名
参加費 NUA会員様無料 ※非会員3,000円/人
申込締切 1月25日(月)
概要
スケジュール
11:30頃〜 ◆昼食  場所:米沢牛DAININGべこや (予定)
13:00

15:00
◆山形大学有機エレクトロニクスイノベーションセンター
【事例紹介】
テーマ:「有機ELの特徴を活かした新しい照明パネル」
講師:山形大学 有機エレクトロニクスイノベーションセンター 准教授 硯里 善幸 氏
(概要)
有機ELは薄型・軽量な高効率の面光源であるが、加えてフレキシブル化や透明化が可能であり、更なる普及が期待されている。当研究室におけるフレキシブルパネル研究やセンサ等と連動した試作パネルを中心に、有機EL照明パネルの動向を紹介する。

【施設見学】
  • 展示コーナー(有機EL、有機太陽電池、有機トランジスタ、蓄電デバイス)
  • スマート未来ハウス
  • クリーンルーム(窓越しのみ。)
【山形大学 有機エレクトロニクスイノベーションセンター】
写真

本センターは文部科学省や経済産業省とともに、イノベーションを創出する国際的な拠点作りに取り組んでいます。2013年秋に本格稼動を始めた本センターは、有機EL、有機太陽電池、有機トランジスタおよび蓄電デバイスの4領域に関して、産業化に向けた基盤技術の開発とその成果を企業と連携して商品化に結びつける活動を精力的に展開しています。軽くて安価な有機材料を用いて、次世代の生活環境を豊かにする高性能な有機エレクトロニクス製品の創造を目指して、製造に関わる基盤技術と商品化に精力的に取り組んでいます。

問い合わせ先 東北NEC C&Cシステムユーザー会事務局  担当:土井
仙台市青葉区中央4-6-1 住友生命仙台中央ビル25F
TEL:022-267-8762 FAX:022-267-8763

このページの先頭へ