会合 平成21年度

山形例会
開催日時 平成21年10月20日(火)
会場 ホテルメトロポリタン山形 3階
参加費 NUA会員様無料(非会員2,000円/1人)
申込締切 平成21年10月13日(火)
研修内容
【メーカー講演---15:00〜15:45】
テーマ 「NECグループの新型インフルエンザBCP策定の取組」
講師 NEC リスク・コンプライアンス統括部
エキスパート  立木 文彦
【概要】
今秋以降、本格的な感染拡大が懸念される新型インフルエンザ。企業には、感染拡大防止の対策と共に、流行時の事業中断リスクに備えてBCP(*)を策定しておくことが求められています。NECグループは、地震を想定したBCP策定ののノウハウを活かして、新型インフルエンザに対してもBCPを策定して備えています。その考え方や取り組み状況についてご紹介いたします。

*BCP(事業継続計画):災害や事故などの予期せぬ出来事の発生により、限られた経営資源で最低限の事業活動を継続、ないし目標復旧時間以内に再開できるようにするために、事前に策定される行動計画。
【特別講演---15:50〜16:20】
テーマ 『山形県の新型インフルエンザ対策について』
講師 山形県 健康福祉部保健薬務課
感染症予防専門員  須藤 正英 氏

≪休憩≫16:20〜16:30

【基調講演---16:30〜18:00】
テーマ 『モンテディオ山形J1への挑戦』
講師 モンテディオ山形 
ゼネラルマネージャー  中井川 茂敏 氏
【概要】
昨年、チーム創設24年の歳月を経て、念願のJ1昇格を果たしたモンテディオ山形。厳しい事業規模の中でJ1昇格を果たした昨年の躍進の理由と、日本サッカーのトップリーグであるJ1への挑戦、そしてJリーグが地域にもたらす効果についてお話いたします。

【講師プロフィール】
1958年山形県出身。日本大学法学部卒業後、NEC山形へ入社。1986年〜1997年の間、NEC山形サッカー部、モンテディオ山形の強化・運営を担当。チーム運営の責任者として強化を図り、JFL昇格などチームの基盤作りを行った。在任中は現在Jリーグのクラブで活躍している監督、選手の獲得を担当。2007年よりチーム統轄の責任者としてゼネラルマネージャーに就任し、モンテディオ山形のトップチームの強化及び下部組織の育成強化のために尽力。
2009年 山形県サッカー協会常務理事に就任。
問い合わせ先 東北NEC C&Cシステムユーザー会事務局
仙台市青葉区中央4-6-1 住友生命仙台中央ビル25F
TEL:022-267-8762 FAX:022-267-8763
pagetop