会合 平成21年度

秋田例会
開催日時 平成21年8月24日(月)
会 場 ホテルメトロポリタン秋田 3階
参加費 NUA会員様無料(非会員2,000円/1人)
申込締切 平成21年8月17日(月)
内 容
【メーカー講演】14:00〜15:00
テーマ 「NECグループの新型インフルエンザBCP策定の取組」
講 師 NEC リスク・コンプライアンス統括部
エキスパート  立木 文彦
【概要】
NECグループでは、2年間で400の地震想定のBCPを策定。さらに新型インフルエンザ策定のBCPについても、NECグループで共通の一つのBCPと、各部門における個別BCPを策定しています。それらの考え方等についてご紹介いたします。
*BCP(事業継続計画):災害や事故などの予期せぬ出来事の発生により、限られた経営資源で最低限の事業活動を継続、ないし目標復旧時間以内に再開できるようにするために、事前に策定される行動計画。
【特別講演】15:00〜15:15
テーマ
『秋田県の新型インフルエンザ対策について』
講 師 秋田県 総合防災課  副主幹 佐々木 重夫 氏
【概要】
秋田県における新型インフルエンザの発生状況や対策の現状について御説明するとともに、秋冬にさらに感染者が発生する可能性を踏まえ、企業や県民の皆様にお願いする事柄などについてお話します。
≪休憩≫15:15〜15:30
【基調講演】15:30〜17:00
テーマ 『バスケで秋田を元気に!
〜2010年 秋田初のプロチーム誕生へ〜』
講 師 秋田バスケットボールクラブ株式会社
代表取締役社長  水野 勇気 氏
【概要】
2008年、国際教養大学卒業とともに、秋田市にてプロバスケットボールチームをつくる活動を始める。たった2人で活動を始めるが、署名活動やチーム創設への思いを伝えていくなかで、徐々に支援の輪が広がっていくことを実感する。なぜ、秋田でプロバスケットボールチームなのか?秋田初のプロチーム誕生までの軌跡とチーム創設への想いについてお話いたします。

【講師プロフィール】
東京都杉並区出身。秋田国際教養大学の第一期生。在学中、オーストラリアに留学し、地域密着型のスポーツクラブ運営に共感する。秋田に戻りプロバスケットボールチームをつくろうと決意。08年6月「秋田プロバスケットボールチームをつくる会」を発足し、事務局長に就任。09年、秋田プロバスケットボールクラブ株式会社 代表取締役社長に就任。09年5月27日、2010-2011シーズンからのbjリーグ参入決定。「2010年 秋田プロ元年へ!」をスローガンに活躍中。
問い合わせ先 東北NEC C&Cシステムユーザー会事務局
仙台市青葉区中央4-6-1 住友生命仙台中央ビル25F
TEL:022-267-8762 FAX:022-267-8763
pagetop