会合 平成20年度

岩手例会
開催日時 平成20年11月26日(水)
会場 ホテルメトロポリタン盛岡 NEW WING
参加費 NUA会員様無料(非会員2,000円/1人)
申込締切 平成20年11月18日(火)
研修内容
【メーカー講演---14:15〜15:15】
テーマ 「挑戦し続けるNECの環境経営」
講師 NEC CSR推進本部 環境推進部
【概要】
洞爺湖サミットを機に日本の具体的な温暖化対応施策が明確となって状況に対応して、各企業にも事業と直結した実効的な活動が不可欠となっております。このような状況に先駆けて、NECは2003年3月に「環境経営ビジョン2010」を策定し、環境経営の推進に取り組んでおります。本講演では、温暖化に対する最新の動向をまとめてご説明すると同時に、NECのビジョン実現に向けた具体的な活動内容を、自社の環境負荷低減活動と、お客様・社会に対して環境貢献できる製品・ソリューションの両面開発についてご紹介します。

≪休憩≫15:15〜15:30

【基調講演---15:30〜17:00】
テーマ 「3次元仮想世界サービスの実際」
講師 岩手県立大学 ソフトウェア情報学部
客員教員  田中 充 氏
【概要】
2006年より急速に普及しつつあるLinden Lab社のSecond Lifeをはじめとする3次元仮想世界のサービスは、コミュニケーション、協働作業、情報受発信、経済活動等の新たな手段として注目されています。これらのサービスは、一部で過剰な報道がなされる一方で、普及に否定的な報道も多く、一般的な評価が定まっていないのが現状です。
当講演では、法人として岩手県内初のSecond Lifeの土地レンタルサービスを開始し、運営を行っている経験を元に、3次元仮想世界の概要とその実体験、長所と短所の双方について紹介し、将来的な可能性と展望について言及します。

【講師プロフィール】
平成17年より岩手県立大学ソフトウェア情報学部客員教員。平成18年「携帯電話の2次元コードリーダを活用した個人認証システム」がIPA未踏ソフトウェア創造事業として採択。平成19年株式会社イワテシガ(http://r4hs.com)を設立。同年4月 IPA未踏ソフトウェア創造事業として「携帯電話とPCを相互に接続・制御するミドルウェアとその応用ツールの開発」が採択。平成20年IPA未踏ソフトウェア創造事業スーパークリエータに認定。ビデオ会議をはじめとするグループコミュニケーション技術、教育支援システム、Web開発環境、モバイルセキュリティの研究に従事。
【情報交換会---17:00〜18:00】
問い合わせ先 東北NEC C&Cシステムユーザー会事務局
仙台市青葉区中央4-6-1 住友生命仙台中央ビル25F
TEL:022-267-8762 FAX:022-267-8763
pagetop