会合 平成18年度

秋田例会
開催日時 平成18年9月12日(火)
会場 ホテルメトロポリタン秋田
参加費 NUA会員様無料(非会員参加不可)
申込締切 平成18年9月4日(月)
内容
【メーカー講演】14:00〜15:15
テーマ
「企業の社会的責任(CSR)を狙う情報セキュリティ」
〜Winny暴露ウィルス対策の取り組み〜
講師 日本電気 株式会社 CSR推進本部企業行動推進部
  顧客情報セキュリティ室長  久野 秀策 氏
<概要>
昨今、企業の社会的責任(CSR)が重視される中、新たに「Winny」と呼ばれるソフトの情報流出が続出して、世間を騒がし社会問題となっています。ITが社会インフラのひとつになっている現在、漏えい・流出事故の被害は、社会的信用失墜、取引先の信頼関係の損失など、企業に計り知れない影響を与えます。では、どのような対策を行えばよいのでしょうか?本講演では、Winnyの実態や流出に対する防衛策をご紹介します。そしてNECの情報漏えい対策、管理施策など、個人情報を管理する人間の取り組みとともに、実際に情報漏えい事故が起こった場合の対応などをNECの実例を交えてご紹介します。、
≪休憩≫15:15〜15:30
【基調講演】15:30〜17:00
テーマ
「人と酒の出会い」
講師 秋田種類製造 株式会社
   取締役製造部長  古木 吉孝 氏
<概要>
「ヒト」は、その学名を「ホモ・サピエンス(知恵のあるヒト属)」と言います。古代よりその知恵を活用して酒を造ってきました。また、「優れた文明をもつ民族は、その民族固有の優れた酒をもつ」と評され、「ホモ・ヴィニエンス(酒を造るヒト属)」という呼称も生まれました。果たして、人と酒はどのようにして出会い発展してきたのでしょうか?主食である米を原料としてきた日本酒の宿命から吟醸酒の誕生まで、民族固有の酒文化を雑学的に考察します。
【情報交換会】17:00〜18:00
問い合わせ先 東北NEC C&Cシステムユーザー会事務局
仙台市青葉区中央4-6-1 住友生命仙台中央ビル25F
TEL:022-267-8762 FAX:022-267-8763
pagetop