東北NUAトップ > 会合 平成18年度 > 平成18年度総会
会合 平成18年度

岩手地区ボウリング大会
開催日時 平成18年4月18日(火)14:00〜19:00
開催場所 ホテルメトロポリタン仙台
参加費 NUA会員無料(非会員\2,000/1名)
申込締切 平成18年4月10日(月)
概要
【総会I ---4階 千代(東南) 14:00〜14:30】
・開会挨拶
・平成17年度新規会員様ご紹介
・平成17年度活動報告/会計報告
・平成18年度事業計画(案)/事業予算(案)審議
・全NEC C&Cシステムユーザー会平成17年度活動報告/平成18年度活動計画
<休憩 14:30〜14:45>
【メーカー講演 ---4階 千代(東南) 14:45〜15:45】
テーマ 「ユビキタス時代の企業経営を支える
                NECのソリューション」
講師  NEC代表取締役執行役員副社長 川村 敏郎 氏  
<講演概要>
ユビキタス社会の進展は、金流・商流・物流・情報のリアルタイム化を加速させ、市場環境や企業環境の急激な変化をもたらします。NECは このようなユビキタス社会における経営視点として「リアルタイムマネジメント」など3つの経営視点を提唱しています。本講演ではこれら3つのマネジメントを具現化するNECのソリューション戦略をご紹介します。
<休憩 15:45〜16:00>
【基調講演 ---4階 千代(東南) 16:00〜17:30】
テーマ 「戦国武将に学ぶリーダーの条件」
〜歴史は活用してこそ意義がある!
        使えない歴史は意味がない!〜
講師  作家・歴史家     加来 耕三 氏 
【概要】
歴史をひもとけば、新しい事実が見えてくる。歴史学は単に過去をさかのぼる学問ではない。歴史は未来への選択肢の軌跡でもある。加来氏は歴史の転換期にメスを入れ、“新鋭”で史実の新しい断面を解明。講演内容はこうして得たクオリティの高い史実で提言される。

≪プロフィール≫
昭和33年大阪市に生まれる。昭和56年3月奈良大学文学部史学科を卒業後、学研究生活を経て昭和59年3月より奈良大学文学部研究員となる。現在は、大学・企業の講師をつとめながら、歴史家・作家として著作活動を行っている。『歴史研究』編集委員。内外情勢調査会講師、地方行財政調査会講師、外交知識普及会講師、中小企業大学校講師、他多数。又、テレビ・ラジオ等の番組監修・構成、企画、出演などの依頼も少なくない。携わったテレビ番組には『その時歴史が動いた』『ニッポンときめき歴史館』『堂々日本史』(NHK)、『知ってるつもり?!』『おもいっきりテレビ』(日本テレビ)などがある。現在はTBSラジオ系全国ネット『日本全国8時です』(毎週土曜日)に出演中。

≪代表作≫
『坂本竜馬の魅力学』(講談社1993年)
『家康の天下取り 関ヶ原勝敗の研究』(中央公論社1996年)
『教科書が教えない日本史の名場面』(扶桑社1999年)
『信長のなぞ(徹底検証)』(講談社2000年)
『日本創始者列伝 歴史にみる先駆者の条件』(学陽書房2002年)
『日本再建者列伝』(学陽書房2003年)
『新撰組の謎(徹底検証)』(講談社2003
『痛快にっぽん商人道』(日本経済新聞社2003
『手にとるように日本史がわかる本』(監修・かんき出版2001)他多数。
<休憩 17:30〜17:40>
【情報交換会 ---4階 千代西 17:30〜18:45】
問い合わせ先 東北NEC C&Cシステムユーザー会事務局
仙台市青葉区中央4-6-1 住友生命仙台中央ビル25F
TEL:022-267-8762 FAX:022-267-8763
pagetop