会合 平成19年度

平成19年度総会 第119回NEC C&CシステムSP研究会活動報告

今回は、初めての試みとして午前中にNUA-SP研究会、午後にHPC研究会という形で合同で開催しました。お蔭様で、 多くの会員の方にご参加いただき、長い1日となりましたが大盛況の研究会となりました。 また、研究会終了後の2つの研究会合同の懇親会では、会員の方、一般のお客様を含めて総勢80名を超える多くの方にご参加いただき、こちらも大変盛況でした。
今回実施致しましたSP研究会のアンケートでは、今後も合同で研究会を希望される会員の方がたくさんいらっしゃいました。また、多くの会員登録されていないお客様から、会員登録ご希望との回答をいただきました。今後も合同で開催する企画を検討し、SP研究会が会員の皆様に有意義な場をご提供できればと思っております。

日時 平成19年8月7日(火) 10:00〜13:00
会場 NEC本社ビル 地下1階 多目的ホール
プログラム
10:00-10:10 総会
NEC C&CシステムSP研究会委員長  藤井 孝藏 氏

10:10-10:55 次世代みんなのスパコン
東京工業大学  松岡 聡 氏
“みんなのスパコン”TUBAMEのテクノロジ・利用状況をグラフィカルにご紹介いただきました。また、TUBAME2.0へのアプローチとして今後の課題と取り組みをユーモラスに語っていただき、好評を博しました。

10:55-11:40 〜新車開発プロセスのデジタル化と将来への展望〜 「日産自動車のCAE」
日産自動車株式会社  飯島 和宏 氏
日産自動車で進めてきた新車開発プロセスのデジタル化についてCAEを中心にご紹介いただきました。
また将来に向けての取り組みの方向性についてもお話いただきました。

11:40-12:10 NEC HPC 戦略及び製品ロードマップのご紹介
NEC HPC販売推進本部
NECのHPC戦略及び製品ロードマップと、今年度発表予定のNEC次期SXシリーズについてご紹介しました。

12:10-13:00  ご昼食
ご昼食は、6つのテーブルに分かれて、会員の皆様にNEC社員が同席する形でご歓談いただきました。

SP研究会 会場風景
pagetop