NUA-SP研究会トップ > 会合 平成18年度 > 第118回研究会 in C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2006
会合 平成18年度

第118回研究会 in C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2006
この度、12月6日(水)〜8日(金)の間に開催されますC&Cユーザフォーラム&iEXPO2006のワークショップの1つとして、NEC C&CシステムSP研究会を開催致します。
今回は、ユーザ事例紹介として、東京大学の古村孝志先生より「地球シミュレータと高密度観測で見る、地震の強い揺れ」をテーマに地球シミュレータを用いて行った地震に関する解析事例についてご講演頂きます。また、大林組の小野佳之様には「流体計算による構造物の風荷重評価について」をテーマに建設業界におけるSXを用いた流体解析の事例をご紹介頂きます。
そして、NECからは、先日発表いたしましたSXの新製品「SXシリーズ モデルSX−8R」のご紹介と共に次期SXについてもご紹介致します。SXに関して、お客様からさまざまなご意見、ご要望を頂いております。現在、課題となっている消費電力や発熱についてNECとしてどの様に取り組んでいるかについてご報告いたします。
お忙しいとは思いますが、是非ともご出席を賜りますようご案内申し上げます。

交流会では、NECの技術者も参加いたします。是非、この機会に情報交換の場としてご活用頂きたいと思っておりますので、積極的なご参加をお願い致します。

日時
平成18年12月6日(水) 講演
交流会
13:30〜15:50
18:30〜20:00
会場 東京ビッグサイト 会議棟
スケジュール
時間 次第 内容 プログラム

13:30-
14:20

講演1

「地球シミュレータと高密度観測で見る、 地震の強い揺れ」
東京大学地震研究所  助教授 古村 孝志 様

K−1
14:20-
15:00
講演2 「流体計算による構造物の風荷重評価について―現状と今後の展望」
株式会社大林組 技術研究所流体研究室
主任 小野 佳之 様
15:00-
15:40
講演3 「NEC HPC戦略及び製品ロードマップのご紹介」
NEC HPC販売推進本部 本部長 笹倉 孝之
15:40〜
18:10
休憩
移動
東京ビッグサイト(iEXPO2006見学)
(バス移動) ⇒ホテルパシフィック東京
 
18:30〜
20:00
懇親会 C&Cユーザーフォーラム「交流会」 交流会
講演概要
講演1
テーマ
「地球シミュレータと高密度観測で見る、地震の強い揺れ」
講師
東京大学地震研究所  助教授 古村 孝志 様
地震国日本では、大地震の発生を避けることはできませんが、想定される強い揺れをコンピュータシミュレーションにより正確に予測することにより、地震に強い街づくりを進め、そして地震災害を大きく軽減させることは十分に可能です。近年の日本の被害とその強い揺れの特徴を、地球シミュレータによる大規模計算と、日本列島に展開された高密度の地震観測データの可視化結果を用いて紹介します。
講演2
テーマ
「流体計算による構造物の風荷重評価について―現状と今後の展望」
講師
株式会社 大林組 技術研究所流体研究室 主任 小野 佳之 様
コンピューターを用いて流れ現象や流れの作用によって生じる力を予測する数値シミュレーション(CFD)は、航空、機械、気象などの分野で広く用いられています。一方、建築分野においても、CFDによる構造物の風荷重評価の実用化に向けて、流体計算技術が急速に発展してきています。ここでは、スーパーコンピューターを用いて行っている建築構造物まわりの非定常流れの解析結果と 今後の計算機性能の向上を前提とした展望について紹介します。
講演3
テーマ
「NEC HPC戦略及び製品ロードマップのご紹介」
講師
NEC HPC販売推進本部 本部長 笹倉 孝之
10月17日に発表致しました新製品「SXシリーズ モデルSX−8R」についてご紹介致します。また、NECでは既に次期SXの開発に着手しており、1CPU当たりの性能が100GFLOPSを超える性能を目指して開発しています。開発において現状で課題となっている消費電力や発熱、設置スペース等の問題について、その解決のための施策についてもご紹介し、NECのHPC戦略及び製品ロードマップをご紹介致します。
参加費 NUA会員の皆様はすべて(講演・交流会)無料です。
お申込について お申し込み方法
◇ホームページ「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2006」からのお申し込み
http://www.uf-iexpo.com/top/
ホームページからお申し込み頂きますとその場で受講希望プログラムの 空き状況をご参照いただけます。
交流会(懇親会)…ご参加いただける場合はお申し込み画面の最後の箇所にある 交流会の「参加する」にチェックして下さい。
お申し込みの際の必須項目
 ・第118回研究会(総会)のプログラム番号…「K−1」
 ・お客様番号…封筒のラベルに記載されている会員番号 K−○○○○ でお申し込み下さい。

*研究会以外にもご興味のあるプログラムがあれば併せてお申し込み下さい。

お申し込み後の登録確認について
ご参加のお申し込み後、郵送にて「受講証」<*>お送りいたします。当日ご持参下さい。
会合の会場はお送りする「受講証」に記載させていただいております。
<*>但し11月29日以降のお申し込みの場合は、「事前登録確認証」をコピーし当日ご持参下さい。
お申し込み締切日 平成18年12月5日(火)
お申し込みが込み合うことが予想されますので、お早めにお申し込み下さい。
問い合わせ先
「プログラムやSP研究会」について
C&CシステムSP研究会事務局
担当:陶 (NEC HPC販売推進本部内)
TEL:042-333-6391
FAX:042-333-6382
「ユーザフォーラム及びお申し込み」について
NEC カスタマーリレーション推進本部
担当:文谷
TEL:03-3798-8664
FAX:03-3798-8715
pagetop