NEC C&CシステムSP研究会たより(H22.10.20)
発信元:NEC C&CシステムSP研究会 事務局

NEC SP研究会事務局の小川です。

先週末の晴天がウソの様に、今週はどんよりと肌寒い日が続いています。
10月・11月といえばセミナー・展示会シーズンですね。
どちらのセミナー・展示会に参加するか予定は決まりましたでしょうか?

さて今年度最初のSP研究会、第126回研究会開催のご案内を致します。
またSP研究会会員でない方も出席可能ですので周りの方にも声をかけて皆様でご参加下さい。
NEC C&CシステムSP研究会
第126回研究会開催のご案内
in C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2010
http://www.nec.co.jp/uf-iexpo/

この度、11月11日(木)・12日(金)の間に開催されますC&Cユーザーフォーラム&iEXPO2010のワークショップの1つとして、NEC C&CシステムSP研究会を11日(木)に開催致します。

今回の「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2010」では、「人と地球にやさしい情報社会へ。
〜あなたとともに、未来をひらく〜」をテーマに開催いたします。NEC C&CシステムSP研究会と致しましては、現行CFDの課題、そしてその解決を目指した次世代CFDの研究について、東北大学 中橋様より「ペタフロップス級計算機の時代に向けた次世代CFDの研究」のテーマでご講演頂きます。また、地球シミュレータの産業界向けの事業と産業利用の事例紹介を独立行政法人海洋研究開発機構 新宮様より「地球シミュレータの産業利用の取組み」のテーマでご講演頂きます。

お忙しい中とは存じますが、是非ともご出席を賜りますようご案内申し上げます。

みなさまにおかれましてはご多忙の折りかと存じますが、是非ご出席賜りたくここにご案内申し上げます。

日 時 :平成22年11月11日(木) 講 演 13:30 〜 15:20
会 場 :東京国際フォーラム (有楽町)
参加費 :無料
お申し込み方法:◇ホームページ「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2010」からのお申し込み
  URL http://www.nec.co.jp/uf-iexpo/

内容 : 「C-1」SP研究会 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
13:30-14:15 講演1 「ペタフロップス級計算機の時代に向けた次世代CFDの研究」
東北大学工学部 航空宇宙工学専攻 中橋 和博 様
今日のCFD(数値流体力学)では、四面体要素からなる非構造格子を用いた計算法が主流になっており、飛行機や自動車等の空力設計に活用されています。しかしながら、格子生成の手間や空間精度の不足といった課題も残されています。一方、計算機の性能向上は今後も続くと言われており、それにあわせてCFDアルゴリズムにも抜本的改良が求められています。
本講演では、現行CFDの課題、そしてその解決を目指した次世代CFDの研究について、その狙いとアプローチ、開発現状を紹介します。

14:15-15:00 講演2 「地球シミュレータの産業利用の取組み」
海洋研究開発機構・地球シミュレータセンター 新宮 哲 様
地球シミュレータは、地球科学分野の研究を主目的として開発されたスーパーコンピュータです。
その一方で、2002年の運用当初から産業分野への応用にも利用されて来ました。
現在も文部科学省からの補助を受けた事業を中心として、ものづくり、環境、防災、創薬など様々な分野の産業利用を推進しています。講演では、地球シミュレータの産業界向けの事業と幾つかの産業利用の事例についてご紹介します。

15:00-15:20 講演3 「NECのHPCプラットフォーム・ソリューションについて」
NEC HPC事業部 事業部長 久光文彦

−−−「C-3」ユーザー事例論文 −−−−−−−−−−−−−−−−−−
15:40-16:25 「大規模ネットワークデータの可視化 〜大量のデータの流れを見る〜」
独立行政法人 日本原子力研究開発機構 研究員 宮村 浩子様

NEC C&Cシステム SP研究会事務局 白岩、小川
E-mail:spk@nua.jp.nec.com
TEL: 042-333-6391 FAX:042-333-6382
*配信停止、送信アドレス変更は上記事務局宛にご連絡ください。
pagetop