NEC C&CシステムSP研究会情報発信(H21.4.17)
発信元:NEC C&CシステムSP研究会 事務局

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

この度、日本原子力研究開発機構システム計算科学センター様主催の第20回CCSEワークショップにてNECも講演させていただく運びとなりましたのでご案内申上げます。

ご興味のある方は、是非、ご参加いただきますようお願いいたします。

敬具
ご案内
第20回CCSEワークショップの開催について
第20回CCSEワークショップの開催について(ご案内)
http://ccse.jaea.go.jp/ja/conf/workshop.html

このたび、日本原子力研究開発機構システム計算科学センターでは、スーパーコンピューティング・アプリケーションに関するワークショップを下記の要領にて開催する運びとなりまし た。これに伴い、当ワークショップへの参加申込みを承っております。
是非ご参加賜りますよう お願い申し上げます。




第20回CCSEワークショップ
−ペタフロップスコンピューティングに向けた高性能計算 −

【日時】 平成21年4月24日(金) 10:00−17:25
【場所】 東京都台東区東上野6-9
日本原子力研究開発機構システム計算科学センター 7階大会議室
地図(http://ccse.jaea.go.jp/ja/map.html)
【参加申込先】 http://ccse.jaea.go.jp/ja/conf/workshop.html

日本原子力研究開発機構システム計算科学センター CCSEワークショップ事務局
TEL: 03-5246-2508 FAX: 03-5246-2537 E-mail: ccse-ws@jaea.go.jp
【参加費】 無料
【主催】 独立行政法人日本原子力研究開発機構システム計算科学センター
【共催】 シュツットガルト大学高性能計算センター
日本原子力学会計算科学技術部会

■プログラム
10:00-10:10 Welcome remarks
Toshio Hirayama (CCSE)
10:10-10:40 NEC approach from HPC application perspectives
Hiroshi Takahara (NEC Corporation)
10:40-11:10 Lessons learned from 1-year experience with SX-9 and towards next generation vector-parallel computing
Hiroaki Kobayashi (Tohoku University)
11:10-11:40 Numerical approach in combustion and propulsion technologies
Ken-ichi Takita (Tohoku University)
11:40-13:20 Lunch
13:20-13:50 How to utilize multi core CPUs
- Fujitsu's ideas for sustained Petascale computing-
(tentative)  
  Motoi Okuda (Fujitsu Limited)
13:50-14:20 New systems old tools - How to cope with future HPC hardware systems?
Stefan Wesner (HLRS)
14:20-14:50 Challenges and opportunities in hybrid systems
Sabine Roller / Dr. Harald Klimach (HLRS)
14:50-15:20 Coffee break
15:20-15:50 Development of molecular dynamics simulation system for large-scale supra-biomolecules and its application to ribosome
Hisashi Ishida (CCSE)
15:50-16:20 Spatio-Temporal map visualization for large-scale time-series data (tentative)
Hiroko Miyamura (CCSE)
16:20-16:50 Optimization of FEM solvers for heterogeneous multi-core processor Cell
Noriyuki Kushida (CCSE)
16:50-17:20 High performance eigenvalue solver in the emerging peta-scale computing era
Toshiyuki Imamura (The University of Electro-Communications)
17:20-17:25 Closing remarks
Michael Resch (HLRS)


以上
NEC C&Cシステム SP研究会事務局 陶、矢崎、内田
E-mail:spk@nua.jp.nec.com
TEL: 042-333-6391 FAX:042-333-6382
*配信停止、送信アドレス変更は上記事務局宛にご連絡ください。
pagetop