四国NUAトップ > 会合 平成24年度 > 平成24年度例会
会合 平成24年度

平成24年度例会
日時 平成24年10月19日(金) 14:30〜18:40
会場 東京第一ホテル松山 2階 コスモホール
松山市南堀端町6-16
電話:089-947-4411
参加費 無料
※非会員 2,000円/1名
申込締切 平成24年10月12日(金)
概要
ご挨拶
四国NUA委員長
コープしこく 本部長 津村 明福
NEC講演—14:35〜15:40
テーマ: 「NECのスマートデバイス戦略」
講師: NECパーソナルソリューション販売推進本部
本部長  橋本 欧二 氏

企業のお客様においても急速に導入が進みつつあるスマートデバイス。NECは利用する 場面にあわせて、画面サイズやWindows、AndroidといったOSから最適なスマートデバイスをラインアップしております。本講演ではそれぞれのデバイスの位置づけ、特長について、導入事例などを交えてご紹介いたします。また、今後、さまざまなオフィスのICT機器と連携し、ビジネスのさまざまな場面でお客様の課題解決を提案するNECのスマートデバイス戦略と、その将来像について皆様と共有したいと思います。

休憩—15:40〜15:50
特別講演—15:50〜16:55
テーマ: 「俳句のハの字
−あなたの知らない俳句の魅力−」
講師: 俳人  神野 紗希 氏

おそらく、俳句という文学があることを知らない日本人はいません。でも、どんな面白い俳句があるのか、俳句の何が楽しいのか…俳句の魅力を知っている人は、案外少ないかもしれません。愛媛県松山市で開催されている俳句甲子園をきっかけに俳句を始め、同じく松山市から全国放送されていたNHK-BS「俳句王国」の司会をつとめる中で、たくさんの人や俳句と触れ合ってきた経験から私の感じている俳句の魅力を、作品を紹介しながら楽しくお話しできればと思います。

<講師略歴>
愛媛県松山市生まれ。松山東高等学校時代に放送部に所属、俳句甲子園の取材をきっかけに俳句を始めた。2001年 第四回俳句甲子園にて団体優勝、「カンバスの余白八月十五日」が最優秀句に選ばれる。2002年 第1回芝不器男俳句新人賞にて坪内稔典奨励賞を受賞。同年、第一句集『星の地図』を刊行。
2004年4月よりNHK「俳句王国」司会を担当。(〜2010年3月)
2011年現在、お茶の水女子大学博士後期課程に在籍し、近・現代俳句の研究をしている。今年4月、最新句集『光まみれの蜂』(角川書店)刊行。

情報交流会—17:10〜18:40
東京第一ホテル松山 11階 スカイブリリアン
問い合わせ先 四国NEC C&Cシステムユーザー会事務局 桑嶋・内海
TEL:087-836-1201  FAX:087-836-1233
pagetop